ロシアW杯の取材を終え、夜遅くに帰国した。翌朝、時差ボケのため早く目覚めテレビをつけると、そこにはロシア・カザンでの合宿最終日に涙した吉田麻也の表情が映っていた。

 右上のテロップには、「長谷部誠が代表引退。次期主将候補の吉田麻也に期待」と書かれている。その情報番組の特集は十分近く続いた。

 大会中は、DFというポジションらしく黒子の存在として扱われていたように感じる。日本国内の報道も、ゴールを挙げた大迫勇也や乾貴士、代表引退を示唆した本田圭佑らに焦点が当てられたものが多かったと聞く。私も現地では吉田個人の記事を書く機会はほとんどなく、勢いに乗るチームや選手個々について連日記していった。

 だからこそ、日本代表が敗退直後のこの特集をものすごく意外に感じた。そして、吉田がこの大会をどんな思いで戦っていたのか、ここできちんと記したいと思ったのである。

吉田麻也の涙のわけ

 なんと言っても、涙が印象的だった。吉田を取材し始めたのは、まだ彼が十代のころ。いつもは明るくおしゃべり好きの青年も、実は情にもろい一面がある。とはいえ、彼の左目から涙が浮かんだ瞬間、眼前にいたこちらも胸が熱くなった。

 あの涙には、わけがある。話題は長谷部の代表引退についてだったが、すすり泣きながら吉田はゆっくりこう言葉を紡いでいる。

「……本当に素晴らしいキャプテンで……僕も7年半、彼と一緒にやってきましたけど。本当にあれだけチームのことを考えてプレーできる選手は少ないでしょうし。ずっと彼を見て、彼の姿勢から学ぶことがたくさんあった。そしてこの大会が終われば、長谷部さんだけじゃなくて、長くやってきた選手たちとプレーできなくなるという覚悟はあった……わかっていたはいたことですけど、本当に公私共に長く一緒にいる時間があって、みんなと仲良くさせてもらってきた。さびしいですね」

 7年半。吉田が2011年1月に代表に定着してからの月日だ。長谷部だけではない。川島永嗣、本田圭佑、長友佑都、岡崎慎司、香川真司。吉田を含むこの7名が、今回のロシアW杯までの長い期間で、共に酸いも甘いも味わってきた。

 戦う集団。もちろん、ただの仲良し小好しの集まりではない。それでも、代表戦士も一人の人間。長く集えば、自ずと情が湧き、人として距離が密になる。2014年ブラジルW杯で味わった悔恨も相まって、彼らの覚悟と結束が今回の西野ジャパンの原動力になっていたのは間違いない。

ベスト8に入ることが目に見える一番の結果

 大会前に、吉田にこんなことを聞いていていた。

――共に長く戦ってきた世代への思いがあるのでは。おそらく彼らと戦うのはロシアが最後になる。

「どんな代表でも、その世代の最後はありますよね。(川島)永嗣くんやハセさん(長谷部)は出ていなかったけど、僕ら北京五輪を戦った世代が一緒に戦うのは最後になる。ずっと長くやってきた選手たちで、ピッチ内外で付き合いがある選手も多い。それぞれ結婚式に出たり、お互いの家族のことも理解したりしている。思い入れは、やっぱりありますよね。僕は次のロンドン五輪にも出ていて、その世代では一番年上だったけど、この世代は僕と(香川)真司が一番下で、先輩たちを見て、ついてきた。だから、やっぱりこの世代が戦えるロシアW杯で、何かを成し遂げたいと思う。それは、ベスト8に入ることが、一番目に見える結果なんじゃないかと考えているんです」

 過去の代表が成し遂げられなかった、ベスト16の壁を突破すること。自分たちの力で、初めてそこを超えられた時、日本サッカーが新時代を迎え、さらに4年前のブラジルでの惨敗を乗り越え、そしてこの世代が極みに到達する瞬間を迎えられる。

 だからこそ、吉田にとってベスト8進出は秘めたる目標であった。

 あの涙は、この仲間たちとの戦いが終わったことを暗示するものであり、8強進出が叶わなかった悔しさを表すものでもあった。

ミスをしたGK川島への気づかい

 吉田は、律儀な男である。

 先輩、後輩問わず、誰とでも分け隔てなく付き合い、距離を詰めるのが上手い。その大半は冗談を言い合ったりする時間なのかもしれないが、ふと真面目な話になると骨太な意見を述べることができる。

 硬軟織り交ぜた対話。そこに常に温度が通っているところに、律儀さがあふれる。

 長谷部には、よく誕生日プレゼントを送っていたという。1月生まれのキャプテンに対して、次期は遅れることはあったが3月生まれの川島と合わせて春に届けることもあった。長谷部が負傷で不在となった昨年3月。W杯最終予選のアウェイUAE戦で、吉田が初めてキャプテンマークを巻き、チームの勝利に貢献した。「代表のキャプテンは重たい。ハセさんは、毎試合これをやっているんだから、すごいですよね」。疲労感とともにこぼれてきたリスペクトの言葉は、今も耳に残る。

 川島とは、名古屋グランパス時代の先輩・後輩にあたる。厳密に言えば川島が在籍していた時代、吉田はまだ名古屋のユースチーム所属だったが、先輩の背中はいつも見ていた。今では愛知で代表戦が行われる際は、二人が大好きな先輩、楢崎正剛と一緒に写真に収まるのが恒例。そして今回のロシアW杯期間中、川島がミスで失点を喫しながらも次の試合で好セーブを見せチームを支えると、吉田は自身のSNSで真っ先に彼を讃え、そして感謝した。

先輩なのに“タメ語”の「岡ちゃん」

 同じイングランド・プレミアリーグでプレーする岡崎とは、今では時間が合えば普段からロンドンなどで親交を深める。共通の知り合いも交えて食事に出かけ、サッカーの話や家族の話などに花を咲かせる。先輩でありながら、岡崎に対しては唯一「岡ちゃん!」と親しみを込めて“タメ語”で呼ぶ。そんな吉田を、岡崎は可愛い後輩を見つめるようで、そこに二人の信頼関係が存在する。

 何より、岡崎がレスターの一員として日本人で初めてプレミア優勝を経験した時には、「これが、どれだけの偉業なのか。もちろん同じ舞台でプレーする僕が、岡ちゃんがやってのけたことの凄さを一番理解し、尊敬している」と吉田は話していた。

 この世代では唯一の同級生である香川。「真司は普段から何を考えているのかよくわからない(笑)」と話していたことがあったが、今大会で二人が成し遂げたことがあった。

 それは、W杯初勝利。二人を除く5選手は、すでに2010年南アフリカ大会で勝利を経験していた。その直後に代表に定着した彼らは、初めてのW杯となった2014年大会で惨敗を喫した。そう、8年近くも代表でプレーしながら、吉田と香川だけが大舞台での勝利の味を知らなかった。

 初戦のコロンビア戦で勝った数日後。吉田が誰に聞かれることなく自ら語った言葉が印象に残っている。

「真司がゴールを取ってくれたことは、本当に良かったと思っています。代表に入って7年以上経って、初めてのW杯勝利。長かったなと本当思いますけど、すごくうれしかったです」

 長友とは、実は「ピッチ上では、よく意見を言い合うこともあるんです」と話していたことがあった。イングランドでプレーする吉田と、イタリアで長くプレーした長友。細かな守備戦術で互いに考えが異なり、何度も意見をぶつけ合うことも。DFラインをできるだけ高く上げて布陣全体をコンパクトにしたい吉田と、ラインを低目にしながらもしっかり構えて相手と対峙したい長友。そのすり合わせは、実は数年間続いていったという。

 ただ、それもプロ同士としては当たり前の主張であり行動だった。ピッチを離れれば、吉田がオフの際にミラノを訪れると、レストラン予約から支払いまで、すべて長友が済ませてあったという。

 懐の深い長友の先輩力と、誰にでも可愛がられる吉田の後輩力が合わさったエピソードだ。

本田圭佑との名古屋時代の思い出

 そして、最後に本田である。 

 二人の関係は実に10年を有に超える。本田が名古屋にプロ入りし、選手寮に入ると、そこにはユースでプレーしていた高校生の吉田がいた。

 食堂の横に置かれた、ビリヤード台。若き二人は勝負し、吉田が「僕が勝ったら、ipodをください!」とねだった。そして、結果は吉田が勝利。負けず嫌いの本田は悔しそうな表情をしていたが、後日きちんと後輩にプレゼントを渡した。

「実はそのipod、それから数年後の韓国遠征の時になくしてしまったんですよ・・・これ、本田さんにはまだ言ってなかったと思います」

 笑いながら思い出話をする吉田。多くの選手と普段から交流する彼だが、本田とは、実はほとんどプライベートでは連絡を取ることはない。

「誰がどう見ても、性格は違いますよね。もちろん代表合宿に行けばよく話すし、練習でコンビを組むことも。昔から本田さんはよくしゃべりますけど、それは今も同じで。合宿の初日、二日目ぐらいまでは『やっぱり本田さん、刺激的な話をするな』と思うんですけど、それ以降は僕はお腹いっぱいな感じです(笑)」

 そんな吉田は、本田を若かりし頃から知るからこそ、今でも代表メンバーでゲームをする場合、積極的に本田をイジる側に回ることも。若い選手がどうしても遠慮しがちな中、率先してツッコんでいくことで場を和ませる。それができるのも、長い付き合いだからこそでもある。

 大会前、本田に対しては代表不要論が叫ばれたこともあった。その時、吉田に率直に意見を聞いたことがあった。

 彼は言葉を選びながらも、はっきりとこう答えた。

「選手を選ぶのは監督ですから。だから同じ選手の僕が何かを言う権利はないです。ただ、これはあくまで僕個人の意見を言わせてもらえば、本田圭佑という選手はW杯23人のメンバーに絶対に必要だと思います。

 何より、僕は誰よりも本田さんが十代の頃からどんどん上手くなっていく姿をずっと今まで見てきた。そしてあの勝負強さは、誰にでもあるものではない。本田さんには、一発がある。それはW杯という舞台で、絶対に必要になる瞬間がやってくると思うんです」

 セネガル戦で本田が同点弾を決めた、あの場面。記者席に座りながら「千両役者がやっぱり決めたか」と思った次の瞬間、この言葉がすぐに頭に浮かんだ。

 吉田の本田に対する見立ては、正しかったのだ。上っ面の仲の良さなど関係のない、選手として高い次元で交錯するリスペクトの感情がそこにあった。

代表の次期主将の声に本人は……

 人のつながり。

 吉田が公私で、とても大切にする生き方である。例えば、記者との付き合い方一つにしても、私以外にも名古屋時代から取材を続ける先輩記者たちに、彼は今でもよく気を配る。人を慮る言動は、選手同士や身内だけにではない。簡単そうに見えるが、さまざまな人間関係に苛まれる社会を生きる大人であれば、誰にでもできる姿勢でないことはわかるだろう。

 だからこそ、あの涙に詰まった情も、とても多感なものに見えた。

 そして、そんな吉田が、長谷部なき代表の主将候補として世間では挙がる。まだ色白く、軟弱な印象だった4年前の大会から、今や髭を蓄え、プレミアリーグ仕様に体も大きくなった。そして今大会で見せたプレーは、過去と比較にならないほどの安定感でもあった。

 機は熟したのかもしれない。今度は、誰よりもコミュニケーションに長けたこのDFが、日本代表を名実ともに支える立場になる――。

 本人は、あくまで殊勝な姿勢を貫く。

「どうあがいても長谷部誠にはなれない。なかなかああいう選手の後の主将はやりづらいので、誰かやってくれないかなと思います(笑)。でも、決めるのは監督なので」

 ただ、次なる代表について質問が飛んだ時に発した一言に、強さと決意がこもった。

「立ち止まっては、いけないと思います」

 同じ志を持った仲間たちとの、長きに渡る戦いはここで終わる。新たな日本代表が誕生すれば、また選手は刷新されるのが常である。

 吉田も、再び競争の渦の中に身を投じる。今度、代表に選出される保証はどこにもない。

 彼は選手としてだけでなく、人としてもどんどん深みを増してきている。

 心身ともに戦う。それがサッカー、それがスポーツであれば、その集団に今の彼のような存在は頼もしく、心強い。

 成し遂げられなかったベスト8と、流した涙。吉田麻也は、それを拭い、もう一度高い壁に挑戦するにふさわしい選手である。

(西川 結城)

©JMPA