いまや世界規模で社会問題となりつつある歩きスマホ。それらを原因とする事故も頻繁に発生していることから、ニュージャージー州のように、条例によって歩きスマホに罰を科している自治体もあるほどです。とはいえ、危ないという自覚はありながらもなかなか止められず、減少につながっていないのはご存知のとおりです。

 内では、啓発を的に、歩きスマホを検知すると警告を発するアプリが数多くリリースされています。ドコモauソフトバンクなどキャリア自らが提供しているケースも見られますが、スマホを手に持ってほんの少し歩くだけでも、歩行に伴う振動を検知して警告を出すなど、かなり神経質な作りになっています。

必要なときに警告してくれるアプリが欲しい

 確かに歩きスマホは危険ですが、警告があまりにも障りだという理由でアプリ自体が効化されてしまっては本末転倒です。そもそも的は歩きスマホによる事故をなくすことにあるはずで、いざ事故が起こった時に責任所在を明確にするためのものではないでしょう。

 とはいえ、人身事故などに直結する重大な危険を、的確に警告してくれるアプリであれば、すべてのユーザが歓迎するに違いありません。

 今回紹介するAndroidアプリAssistant SZ」は、そんなユーザにぴったりの、“本当に役に立つ”歩きスマホ防止アプリです。海外では歩きスマホをしながらウロウロする人を揶揄して「スマートフォンゾンビSmartphone Zombie)」と呼びますが、その頭文字である「SZ」というのついたこのアプリ、いったいどのような仕組みなのでしょうか。

https://smartphone-zombies.com/

横断歩や階段を検知。その仕組みとは?

 「Assistant SZ」は、スマホの背面カメラを使って前方の障物を監視し、重大なアクシデントにつながる要素を検知すると、警告してくれるアプリです。

 具体的には、横断歩や階段、歩の段差などが見つかると、それに応じてスクリーンに警告を表示してくれます。つまり、歩きスマホ自体をブロックするのではなく、事故につながる重大な危険が近づいていると判断した時のみ、警告してくれる仕組みになっています。

最大ボリュームのアラートが鳴ることも

 このアプリはその性格上、歩きスマホを許容しているのでは? と誤解される可性も少なくありません。しかし、キャリア製の歩きスマホ防止アプリがその使いづらさからユーザにそっぽを向かれ、効化されている現状を鑑みると、歩きスマホの是非の判断はユーザの良識に任せ、本当に深刻な危険のみを警告するこのアプリのほうが、現実に即した解と言えるのかもしれません。

 なお本アプリでは、もっとも重大な危険とされるのが横断歩や段差、線路などで、次いで縁石や側といったの障物、をはじめとする垂直の障物などが、危険な対として挙げられています。どこまでを警告の対とするかは個別に定できるほか、立ち止まらないと警告画面のロックを解除できないオプションも備えます。

英語Android版のみという制約はあるが……

 もちろん精度が100パーセントというわけではなく、なかには期待した反応が得られないこともありますが、横断歩は高い確度で警告されるなど、危険度が高い被写体ほど表示される確率は高いことから、アプリがない状態にべ、安全性が向上するのは間違いないでしょう。

 言うまでもありませんが、このアプリだけで、歩きスマホにまつわるあらゆる問題に対応することは不可能です(アプリの説明にも、そのことが念入りに書かれています)。また表示言英語であることに加え、スマホOSの制約上、iPhoneには対応せず、Android版しか用意されていないのも、残念なところです。

 とはいえ、歩くだけで警告が出る大雑把アプリはすでに効化済で今後使う気はない一方、深刻な危険をきちんと知らせてくれるアプリならば使う価値があると考えている人、またそうした仕組みを自分の子供や両親など家族に使ってほしいと思っている人は、試す価値のあるアプリと言えるのではないでしょうか。

山口

歩きスマホ防止アプリ「Assistant SZ」。広告あり版は無料、広告なしのPro版は340円