ディズニー/ピクサー劇場大ヒット作『リメンバー・ミー』が7月18日(水)にMovieNEXで発売されます。ガジェット通信では、発売日まで毎日カウントダウンをしながらにニュースを公開! 発売が5日後に迫った本日は、MovieNEXに収録されるボーナス映像の一部を公開します。

ミュージシャンを夢見るギターの天才少年ミゲル。彼の一族は代々、音楽を禁じられ、靴職人として生計を立てていました。ある日、ミゲルは先祖たちが暮らす”死者の国”に迷い込んでしまい、そこに現れたのは、威厳たっぷりのひいひいおばあちゃんイメルダたち。日の出までに元の世界に戻らないと、ミゲルの体は消えてしまうというのです。そんな彼に手を差し伸べたのは、陽気だけど孤独なガイコツ、ヘクター。やがて二人がたどり着く、ミゲルの一族の驚くべき”秘密”とは?すべての謎を解く鍵は、伝説の歌手が遺した名曲”リメンバー・ミー”に隠されていました…。

今回解禁となったボーナス映像は、服を着たガイコツを自然に描くために試行錯誤したスタッフたちのメイキング映像。アニメーション監修のジニ・クルス・サントスによると、皮膚や筋肉がないガイコツを生き生きと動かすために、布を重くない素材に設定したそうです。

なんと、スタッフには布のシミュレーション専門の監修者がいたそう。彼らが三角形と点から作成したデジタルの布を縫合し、完成した衣装をガイコツに着せて、シミュレーションをしていったようで、その制作工程からも相当の苦労がうかがえます。なぜなら、体が小さな骨で形成されているガイコツは、骨の間に布が挟まりやすいんです。まるでパンツがお尻に食い込むように、最悪の場合はすべての布が骨の隙間に挟まってしまうため、”連続衝突判定”という技術を使って、そこをクリアしていったようです。

【動画】服を着たガイコツを自然に描くために試行錯誤! 『リメンバー・ミー』メイキング
https://www.youtube.com/watch?v=tuvhKm1BOCs

続いて、実際に完成した本編シーンを紹介します。こちらは、ミゲルと彼の先祖であるイメルダが出会うシーンですが、スタッフ陣の苦労の甲斐あって、イメルダのドレスは軽やかな動きを見せています。また、ガイコツはそれぞれの役柄にマッチしたアイテムを身につけ、個性豊かなキャラクターに仕上がっています。

【動画】『リメンバー・ミー』ママ・イメルダとの出会いシーン
https://www.youtube.com/watch?v=NfFJbsiPh3I

ピクサーの最先端技術により、息が吹き込まれたキャラクターたちは、スクリーン狭しと、実に自然体で動き回っています。ガイコツがこんなに愛らしくてユニークだからこそ、死者の国のシーンは実にファンタスティックに仕上がり、見る者が感動のストーリーへと没入できたことは間違いありません。ピクサー作品のクオリティを支えているのは、まさに大勢のスタッフ陣の技術力と、作品への強いこだわりなんだと、この映像を見て改めて実感できます。

7月18日(水) 発売
『リメンバー・ミー MovieNEX』/4,000円+税、
『リメンバー・ミー 4K UHD MovieNEX』/7,800円+税、
『リメンバー・ミー MovieNEX スペシャルボックス BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWSオリジナルアイテム付(数量限定)』/13,800円+税 
先行デジタル配信中
(C) 2018 Disney/Pixar

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』