文・取材:藍田奈結

 2018年7月18日、ゲームオンが運営するPC用オンラインRPG『ArcheAge』において、大型アップデート“ArcheAge4.5 新世の鼓動”が実施される。

 メディア向けの先行体験会で、本アップデートの目玉である新騎乗ペット“レッドドラゴン”をひと足先にプレイできた。

(※編注:記事の後半に読者プレゼントのシリアルコードを掲載しています)


【画像34点】「『ArcheAge』レッドドラゴンに乗って敵を焼き払える時代が到来! 新装備も発表された先行体験リポート【特典プレゼント】」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

 これまでネームドモンスターとしてプレイヤーの前に立ちはだかってきたレッドドラゴン。騎乗ペットとしての能力は大別して4つ。


・滑空……乱気流の影響を受けることなく5分間の滞空(滑空)が可能。空中でSキー(後退)を押すと羽ばたいて上昇できるので、高度の維持も簡単だ。
 ただし、一度も着地せずに5分が経過すると、滑空状態が解除されて地上に真っ逆さまに落下するので、飛んだままの放置は厳禁。

・はばたき……翼を羽ばたかせて突風を起こし、地上にいる敵を吹き飛ばす。

・咆哮……威嚇するように吼え、上空を飛ぶグライダーを撃墜したり、相手ペットにダメージを与えることが可能。

・ブレス攻撃……地上もしくは上空から炎を吐いて攻撃する。ダメージ判定は攻城兵器と同様だ。たいへん強力なため、使用には8時間のチャージが必要。3回まで蓄積でき、実質的には1回の召喚で使用できるのは3回までということになる。

 これだけ強力なレッドドラゴンを手に入れるにはどうすればいいのか。

 まずは討伐だ。4.5アップデート以降、討伐時に低確率でドロップする“レッドドラゴンの心臓”というアイテムがキーとなる。


【レッドドラゴン(騎乗ペット)を手に入れるまでのステップ】

・各大陸の大都市に新しく追加されるNPC“ダル司祭”にレッドドラゴンの心臓を預ける。



・ダル司祭にレッドドラゴンの心臓を預けると、所属勢力に育成のためのクエストが発生する
(騎乗ペットとしてのレッドドラゴン自体は個人の持ちものだが、育成には所属する勢力の協力が必要)。



・育成クエストの内容は、特定のアイテムの納品。協力者はアイテム納品と引き換えに名誉ポイントを受け取れる(レッドドラゴンの心臓を手に入れたキャラクターは何回もアイテムを納品できる。協力者は1日1回のみ)。



・全6段階の育成段階を達成すると、レッドドラゴンの心臓を手に入れたキャラクターのインベントリ内に騎乗ペット“レッドドラゴン”が入る。


 育成段階は各段階ごとに12時間のディレイタイムがある。育成にかかる期間は最速で1週間程度。ゆっくりやって2~3週間程度とのことだ。なお、育成段階でアイテムが足りないと育成失敗となり、消滅してしまう。勢力のメンバーによる協力が不可欠だ。


 また、亜種として“グリーンドラゴン”と“ブラックドラゴン”が存在。ブレス効果に違いがあり、ダル司祭に心臓を見せたときにランダムで決まるそうだ。

【ブレスの効果】
レッドドラゴン……スリップダメージ+追加ダメージ
グリーンドラゴン……スリップダメージ+移動速度ダウン
ブラックドラゴン……スリップダメージ+回復防止


 レッドドラゴンは非常に強力だが、それだけに制限もある。各勢力に1匹ずつしか育てられず、成長しきるか消滅するまではつぎのドラゴンを育成出来ないのだ。

 強力とはいえ、レッドドラゴンはあくまでも騎乗ペットなので無敵というわけではない。ダメージは受けるし、死んでしまうこともある。

 戦闘中は収納もできないので、使う場所とタイミングはよく考えたほうがよさそうだ。


 取材に訪れたメディア陣は大興奮。とはいえ、ただ操作するだけではもったいないので、『ArcheAge』運営チームと我々メディアチームで、レッドドラゴンに乗って対戦することになった。


 空飛ぶ怪獣大決戦を想像していたが、全員慎重なのか序盤は誰も飛ばなかった。

 わかる。着地がけっこう難しいのに、戦いの舞台はちっちゃな島。海に落ちたら負けと言われたら誰も飛ばないよなと思う。のっしのっし歩いてブレスをぶつけ合う静かな戦いがくり広げられた。

 運営チームとしてはレッドドラゴンの派手でカッコいい部分を見てほしいはずなのに、これでは取材の意味がない。そのうえ、メディアチームの惨敗。

 気を取り直して、2戦目が始まった。


 今度はメディアチームが一斉に飛び立った。相手よりも高く飛び、マウントポジションからブレス攻撃を仕掛けるという作戦だ。

 しかし、ここで新たな問題に気付いた。飛行するとブレス攻撃の距離がつかめないのだ。ブレス攻撃を連発しすぎるとMPがあっという間になくなる……と思ったら、運営チームがまさかの失策で先にMP切れ。

 辛くもメディアチームに軍配が上がった。


各種の調整でより遊びやすく


 大型アップデート“ArcheAge4.5 新世の鼓動”では、レッドドラゴンの騎乗ペット化のほかに、以下の点が変更となる。

・スキル調整
 『ArcheAge』には120種類もの職業があるが、それでも人気のある職業に偏っている。“メイン適正”と“サブ適正”の違いを明確にして多様性を出し、スキルの入れ替えや効果変更が行われ、さらに新スキルも登場する。無料でスキルリセットできるイベントも実施されるようなので、積極的にいろいろ試してみよう。


・能力値
 力や敏捷といった基本ステータスと近接攻撃力などのパラメーターの関連性が見直され、よりシンプルに。必要な部分を上げやすくなる。

 基本ステータスを振り分ける“ユスティンの祝福”は3パターンまで保存可能になり、用途に合わせて切り替え可能になる。

 ほかに、回避、武器、盾それぞれの防御判定を個別にすることで発生しやすくなるほか、状態異常の免疫付与確率と時間を統一するなどの調整が加えられる。


・製作
 これまでは奇跡以上の等級の装備は強化に失敗するとアイテム自体が消滅することがあった。4.5アップデート以降の製作装備は強化に失敗しても“強化停止状態”となり、壊れなくなった。

 強化停止状態の装備はそれ以上の強化も分解もできないが、装備して使い続けることは可能で、合成素材としても活用できる。オークションに流したり、イフニール装備の経験値用アイテムに回すのもアリ。


・製作派生ルートの調整
 製作装備の派生ルートが精査され、アプレンティスとワークマンの段階が削除。素材を集めて強化していく黒曜石装備はマエストロから派生し、最初から3段目相当の性能となる。

 等級強化は黒曜石系になった瞬間から可能で、狩りをする手間が省けるようになるという。


・製作依頼システム
 熟練度が足りなくても、ほかのプレイヤーとのコミュニケーションを図らなくても、製作を依頼できるようになる。

 製作に必要な材料と労働力、依頼金を用意して“製作依頼書”を作成し、住民会館に設置されている製作依頼システムに登録すればオーケー。依頼は掲示板に48時間に及んで掲載される。サーバーの垣根を越えて依頼でき、依頼を受諾したキャラクターは依頼金を受け取ることができる。

 依頼を受ける側は掲示板のインターフェース上から直接製作するので、インベントリに余裕がなくても大丈夫。また、依頼を受ける人は製作時と同じ労働力を消費し、熟練度の上昇と依頼金を受け取ることができる。

 依頼金額によっては自分が損をしてしまうことがあるので、よく計算して依頼を受けてほしい。


・新システム 反乱の影
 各マップの小型ネームドモンスター(公共の敵)を倒した後、2分後に“反乱の影”というコンテンツが発生する。

 ウェーブ単位でつぎつぎに出現するボス&雑魚モンスターはお得なアイテムをドロップ。素材やお金が入っている金の箱は自分で開けてもいいし売却してもいい。ボスがドロップする部位パーツで特産品を作り、貿易で稼ぐ方法もある。とはいえ、NPCにそのまま売ってもそれなりにいい値段がつくとのこと。

 なお、小型ネームドモンスターは配置変更されたり、平和地域を除く紛争地域に新たに2体追加される。


そのほかのバランス調整

・クレセントストーン
 武器や防具に装着して補助効果を付与するクレセントストーンの第3段階が解放され、さらに新色の紫色が追加となる。

・オークション
 複数個のアイテムをまとめてオークションに出品する場合、分割で買えるように設定可能に。最小の販売個数も設定できるようになる(それを下回る端数が出たら買いきり可能)。


・貿易
 旧大陸や“反乱の影”で獲得できる素材から特産品を制作可能となる。

・旧大陸
 “大きい怪物箱”の出現地域が2ヵ所から6ヵ所に拡大。加えて、“秘密の箱”が旧大陸全域に出現するようになる。近づいてFキーを押し、当たりの場合は荷物に変化して高額で売却でき、外れならミミックとなり戦闘開始。

 どちらも一定時間で再び出現するので、何度でもチャレンジ可能だ。


・先出しアップデート情報 古代装備
 最後に、今後実装予定の“古代装備”について発表があった。製作装備と黒曜石装備に続く、第3の合成装備となるそうだ。

 素材となる武器を旧大陸のモンスターから未鑑定武具として入手し、その後はイフニール装備のようにほかの素材を使用して強化していくことになる。

 これはほかのゲームにも言えることだが、等級の強化は運に依るところが大きく、戦術の強化停止が導入されたとはいえ、強い装備はなかなか手に入らない。古代装備が入れば、合成装備が手に入りさえすれば、必ず強くなれるというわけだ。

 段階による解放で強化上限が上昇していくそうで、ゆくゆくはエアナード装備や黒曜石の上位段階に肩を並べるほどの性能になるとのこと。

 また、装備にステータスが個別に付与されるため、自分の職業に合ったステータスを選べるとのことだ。2018年秋実装を目指して鋭意調整中。


 今回のアップデートで大きく仕様が変わるところもある。どれももっと『ArcheAge』を楽しんでもらいたいという運営チームの思いが詰まった仕様変更のように感じた。

 また、プレイヤーのみなさんには騎乗ペット“レッドドラゴン”の乗り心地を楽しんでいただきたい。こんなにドキドキワクワクする乗りものはそうそうない。それほど夢と希望の詰まった騎乗ペットだった。

-

 読者のみなさんにゲーム内アイテムをプレゼント。公式サイトにログインしてアイテムコード入力画面に進み、下記のコードを入力してください。


【特典名】
プレイレポート読者様特典

【内容】
勝利の宴:14級(名誉ポイント100点)

【数量】
1

【コード】
AAD8g4M8Dbwa

【使用期限】
2018/8/31 23:59





Copyright (C) 2012-2018 ArcheAge has been licensed by XLGAMES Inc. ArcheAge (R) is a registered trademark of XLGAMES Inc., Ltd.
All rights reserved. Published by GameOn Co., Ltd.