【台北時事】中国を訪問している連戦台湾元副総統は13日、北京で習近平・中国共産党総書記(国家主席)と会談した。台湾の中央通信によると、習氏は「両岸(中台)が置かれている情勢は複雑で厳しく、多くの民衆が憂慮している」との認識を示した上で、「しっかりとかじを握っていれば、平和統一の船は必ず勝利に向かって走るだろう」と、中台統一に自信を示した。

 習氏は「中国の今日の勢いある台頭を見るにつけ、中華民族の偉大な復興は過去のどの時期よりも(実現に)近づいている」と強調。「強烈な民族的、歴史的責任感をかき立てられている」と述べ、「中華民族の偉大な復興」の一環と位置付けている中台統一に向けた強い意志をにじませた。