ホンダとパナソニックは13日、インドネシアで電動二輪車を使ったサービスの共同実証研究を12月に始めると発表した。着脱可能な電池を搭載し、残量が少なくなれば専用ステーションで充電済みのものと交換できる仕組み。二輪に強いホンダと車載電池大手のパナソニックが手を組み、将来の事業化を目指す。

 西ジャワ州バンドン市など3地域に、充電ステーションを計数十カ所設置し、約300台の電動二輪をリースして使用してもらう。電動二輪には充電に時間がかかるという課題があるが、利用者が電池を共有し、ステーションで電池を充電しておくことで、利便性の高いサービスを提供する。 

〔写真説明〕ホンダとパナソニックがインドネシアの共同実証研究で使う電動二輪車のベースとなる「PCXエレクトリック」(ホンダ提供)

ホンダとパナソニックがインドネシアの共同実証研究で使う電動二輪車のベースとなる「PCXエレクトリック」(ホンダ提供)