セレーナ・ゴメスとのオンオフを何年も繰り返した末、元恋人ヘイリー・ボールドウィンを選び彼女と婚約に至ったことを発表したジャスティン・ビーバー。彼がヘイリーに贈った婚約指輪はなんと50万ドル、日本円にして5600万円を軽くえる額というが、ジャスティンは「璧なダイヤモンドをヘイリーに」と望み、指輪デザインにも関わるほどの熱の入れようだったそうだ。

セレーナ・ゴメスとの再びの破局後にまた交際するようになったヘイリー・ボールドウィンと休暇に出かけ、その場でプロポーズし「OK」との答えを得たというジャスティン・ビーバー。この機会に向けてジャスティン事前に準備し、婚約指輪デザインにもこだわっていたのだ。

そのデザインジャスティンと共に手掛けた「Solow & Co., Inc.」の関係者は、準備段階にあったジャスティンの様子をこのように明かしている。

「ええ、ジャスティンさんにもデザイン助けていただきました。彼女の手をさらに美しく見せるものを望んでおられたのです。々はその仕事を成し遂げることができました。ダイヤモンドの形は美しく、彼女の手を素らしく際立たせるものです。」
璧なダイヤモンド自体は、私どもを信用し選ばせてくださいました。できあがった指輪をご覧になった彼は、それはもう喜んでおられましたよ。」

そんなジャスティンはヘイリーに何年も特別な感情があったらしく、2016年には以下のようにっていた。

「分かってるんだ。は人を傷つけたことがある。その間にハッピーな気分を味わってほしい一心で、あれこれ言ったものさ。でも今のは、将来を見据えてる。大事な人達を傷つけないようにね。ヘイリーが未来結婚相手かもしれないだろう? 性急にことを進めて彼女を傷つけてしまったら、取り返しがつかない。そういう傷は癒すのは大変なものだから。彼女を傷つけたくないんだ。」

しかし後にジャスティン彼女と別れ、しばらくは言葉も交わさぬように。そして昨年、セレーナ・ゴメスと交際を再開したものの「苦い関係になったヘイリーに会い話をしておきたい」とヘイリーの気持ちも気遣っていたというから、セレーナを想いつつも、ヘイリーのことはどうしても忘れられなかったようだ。

画像は『Justin Bieber 2018年7月10日Instagram「Was gonna wait a while to say anything but word travels fast, listen plain and simple Hailey I am soooo in love with everything about you!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト