忍者変身して、京都伏見稲荷地域で任務を遂行するというリアルRPG忍者体験。任務は100以上で、難易度ごとにランク分けされており、大人から子供まで楽しめる。中での解きや脱出ゲーム、複数人の参加者がいればチーム内で騙し合いの心理戦で、普通観光では得られない体験ができそうだ。多言(日、英、中、西)で対応。インバウンド対策がばっちりで外国人観光客でも楽しめること間違いなし!
日本忍者アニメ海外でも人気なのは言うまでもない。むしろ、日本での人気に勝るほどだ。忍者体験や忍者アクティティは、日本各所で良く見かけるコンテンツだ。忍者衣装を着て術を学んだり、手裏剣体験をしたりするのがほとんどだ。

そんな中、京都伏見稲荷にて新感覚で遊べる忍者アクティティ2018年7月より登場した。その名も「NINJA-RUN」(忍者ラン)だ。


本格的な忍者に袖を通し、京都伏見稲荷の地域で任務を遂行するというリアルRPG忍者体験である。用意されている任務は100以上で、難易度ごとにランク分けされており、大人から子供まで楽しめる。

この忍者ランは危険な任務はない。体験した感覚としては、中での解きや脱出ゲーム、複数人の参加者がいればチーム内で騙し合いの心理戦などである。中には、「地元商店のお店で10分間の店手伝い」という任務もあり、地元の人とも交流ができ、普通観光では得られない体験ができそうだ。任務は日本語英語中国語で用意されており、インバウンド対策がしっかりできているので、外国人観光客でも楽しめそうだ。

伏見稲荷の赤い鳥居と一緒に撮影すると迫力満点!

ここの忍者大河ドラマなどの衣装も手掛ける巨匠の手によるもので、着衣してみるとその違いが良くわかる。コスプレ用の簡易的なものではなく、昔の忍者が身に着けたままの衣装デザインだそうだ。具もお面や忍者手裏剣、巻物など思わず、テンションが上がってしまうものばかり。心も体も本当の忍者になりきってしまうほ
遠目に見ても忍者そのもの!本格的な衣装!


この「NINJA-RUN」(忍者ラン)が驚きなのは、「ラン」、「深夜ラン」(要事前予約)も行っているのだ。京都は暑く、観光客も外出を控えたいほどだ。この「忍者ラン」では、7時から10時まで体験できるのだ。「京都はつまらない」「間の観光は避けたい」という観光客にピッタリのサービスである。

伏見稲荷の町を散策しながら忍者体験!

一日の体験終わりには、任務成功をチェックする。成功の任務数で、上、中、下などといった忍者ランクが与えられるのも面味の一つ。最後にはしっかりとした賞状も渡してくれるというこだわり。これで「日本忍者だ!」と明を貰ったようなものだ。

このアイディアを発案したのは、(株)うるわしき 常務取締役のジョライ・ダニエルさん。ペルー出身のジョライさんは、子供の頃からが大好きで忍者に憧れたという。今では忍者を着て、の「カジくん」をとして連れて、伏見稲荷近辺を散歩しているという。毎回、「Hey, Ninja!」などと外国人に話しかけられ、写真をせがまれるという。考案者が自ら楽しんでいるところを見ると、これは一度試してみる価値がありそうだ。
外国人観光客に忍者が大人気!
驚くほど外国人に忍者が知られている!

「全に『忍者ラン』を普及させて、その地元に根付いた任務を企画して、観光客と地元の人が交流できる環境を作りたい」と話すジョライさん。今後は、地方自治体との業務連携やフランチャイズなども視野に入れているという。どうやらこの「忍者ラン」は地方創生にも一役買うようだ。

この京都伏見稲荷忍者ランを体験してみるのも悪くない。夏休み子供たちの喜ぶ顔が今にも浮かびそうだ。

忍者ランの詳細はこちらから
http://ninja.jpkimonorental.com/

Youtubeでも紹介
https://www.youtube.com/watch?v=1bszsi3lT-Y

配信元企業株式会社うるわしき

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ