延長戦の末に2-1でイングラドに勝利、クロアチアDFロブレン熱の闘に言及

 クロアチア代表はロシアワールドカップW杯)準決勝イングランド戦で延長戦の末に2-1と勝利し、同初の決勝進出を果たした。リバプールプレーするDFデヤン・ロブレンは、イングランドよりも「精面で強かった」と勝利の要因を分析している。英「テレグラフ」が報じた。

 モスクワのルジニキ・スタジアムで両者の熱した戦いが繰り広げられた。前半5分にイングランド代表がDFキーラン・トリッピアーの直接FKで先制に成功すると、クロアチアも後半23分にMFイバン・ペリシッチの同点ゴールで試合を振り出しに戻す。互いに一進一退のまま延長戦に進むと、延長後半4分にペリシッチが頭でつないだパスをFWマリオ・マンジュキッチが決め、これが決勝ゴールとなった。

 この闘を制したロブレンは「クロアチア民と世界中の人々は、々は新たな歴史を作ったと考えていると思う」とり、「120分間の試合を3度しながらイングランドよりフレッシュな足を持っていた。特別な歴史です」と勝利の喜びを表現した。また試合の勝敗を分けた要因についてロブレンは、このように振り返っている。

「両者の違いはメンタルだった。たちは歴史を塗り替えられることを知っていて、それを成し遂げるために戦ったんだ。そしてらにはあと1試合残っている。ただ、今から20年経っても、人々は1998年チーム(準決勝でフランスに敗戦)だけでなく、らのことを覚えていてくれるはずだ。これがが望んでいたものであり、が誇りに思う理由だよ」

 決勝戦ではフランス突するクロアチア最後の試合を制すことで、世界中の人々が忘れることのない歴史を作ることができるのだろうか。


Football ZONE web編集部)

クロアチア代表DFロブレンは、イングランド代表よりも「精神面で強かった」と勝利の要因を分析している【写真:Getty Images】