テレビアニメ「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」の第2弾プロモーションビデオが公開された。本格的なホラー描写や、魔法律を駆使した迫力のバトル、第1話「リエとタエコ」のハイライトシーンなどを多数収録し、「ORESAMA」が歌うエンディング主題歌「ホトハシル」も披露されている。

同作は、2004~08年に「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載された、西義之氏によるダークファンタジー漫画のテレビアニメ化。天才魔法律家のムヒョこと六氷透(CV:村瀬歩)が、泣き虫な助手のロージーこと草野次郎(CV:林勇)とともに、霊に悩まされる人々からの依頼を解決していく姿を描く。第1話「リエとタエコ」では、ある悩みを抱えた女子高生の井上理絵(CV:M・A・O)が、ムヒョが営む「六氷魔法律相談事務所」にやってくる。

「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」はBSスカパー!で8月3日、アニマックスで9月3日から放送開始。アニマックスではスタート前日の9月2日午後1時30分ほかで、アニメ制作の舞台裏に迫るメイキング番組「TV アニメ『ムヒョロジ』徹底解説辞典~ようこそ、魔法律の世界へ~」がオンエアされる。

(C)西義之/集英社・ムヒョロジ製作委員会