1993年小三治に入門2006年真打昇進後も芸術選奨新人賞を受賞するなど、古典落語への摯な取り組みが高い評価を得ている三三。昨年は、幕末から明治期の大作『浪(しまちどりおきつしらなみ)』を毎2話ずつ、6か連続上演。三三自らが古い資料にあたって復活させた口演は、落語の味わい深さを表わして大きな話題となった。「来年もぜひ“続きもの”を」とのに押され、三三が今年選んだのは、創作落語で人気の三遊亭白鳥作『任侠流れの次伝(にんきょうながれのぶたじでん)』。昨年とは一転して、ブタ主人公にしたコミカルな“続きもの”に挑戦する三三に話を聞いた。

【チケット情報はこちら】

秩父の養場で生まれた子ブタ次は、上野大阪名古屋、果ては鳴門峡にもするなか、任侠に生きる“流れの次”として成長していく。やチャボ、などさまざまな動物たちと出会い、戦い、友情を誓い合う次の運命はいかに……!日大芸術学部出身でユニークな芸白鳥と、ストイックなイメージの三三との組み合わせは意外なようだが、実は二人会も催すほど親しい仲。昨年、横浜にぎわい座で三三が本作を高座にかけた際は、「ひづめの形でボクシングしたり、“ウキー”と“ブー”でケンカのシーンが続いたり」(三三)という熱演で、客席をおおいに湧かせている。

今回は8月から12月の5か間、名古屋大阪広島福岡の4都市にて上演。毎2話ずつ観ていけば、最後の12月で全10話が完結する仕掛けだ。もちろん、1回(2話分)だけ観ても充分に楽しめるのは、『のベルサイユ』(第四話)、『男太郎』(第六話)など、ひとクセあるタイトルを見ても明らか。「羞恥心を乗り越えるという意味で、ハードルが高い演」と憎まれ口をく三三だが、それでも「この駄な(登場人物たちの)やりとりはなんだろうと思っていても、あとからそのシーンが生きてきたりと、意外に緻密な構成になってるんですよ」と本作の魅る。

「本作の下敷きになっている『清水次郎長』もそうですけど、講談や浪曲などは色んな人が口演することで普遍的な演になっていきますよね。この“次”も、そうなるんじゃないかなと思っています」と、本作について話す三三。「らにしても、名作だからやらなければいけないという気はなくて、やっぱりその噺を好きだから、やりたいから、やるんですよね。お客さんと一緒にハラハラドキドキして楽しむという意味では、古典落語も新作落語も関係ないと思うんです」と三三は言う。「自分はこういうことも出来るんだな、という“自分の武器”がまたひとつ把握できた」という本作で、三三の魅をたっぷりと味わいたい。

演は8月8日()愛知愛知県芸術劇場 小ホール8月9日(木)大阪グランフロント大阪 北館4F ナレッジシアターにて始まり、4都市で5かにわたって開催。チケットは発売中。

取材・文/佐藤さくら

柳家三三