黒沢監督によって映画化もされた『散歩する侵略者』(2005年初演)などを代表作とし、第52紀伊演劇賞で団体賞を受賞した“イキウメ”を宰する劇作家・演出前川知大。自身が敬する漫画家水木しげる世界モチーフにした新作『ゲゲゲの先生へ』を今東京芸術劇場プレイハウスほかで上演する。演は、『抜け会議室』(2007年)以降、前川と多くの舞台で組んでいる佐々木蔵之介。先日、この注作のビジュアル撮影現場を取材した。

【チケット情報はコチラ】

水木モチーフにした作品では、NHK朝ドラにもなった夫人の自伝エッセイ『ゲゲゲの女房』が有名だが、『ゲゲゲの先生へ』は水木の評伝劇でも、また水木作品の舞台化でもない。作品はもちろん、エッセイやインタビューに遺された彼の言葉やエピソードを用いて“水木しげる世界観”をひとつの物語に編み上げる。

現場に入る前、取材に対して佐々木の役柄は、水木しげる役ではないという以外、明確には伝えられていなかった。ただ、「(『ゲゲゲの鬼太郎』の)ねずみ男、かもしれない」という気になる情報は漏れ聞こえていた(後日、「主人公ねずみ男モデルにする」という明確な発表あり)。

堂々たる二枚目佐々木と、狡猾な三枚キャラねずみ男イメージがつながらないまま現場に入ると、クタッとしたジャケットの中にの開襟シャツという、戦時中の男性のような装の佐々木カメラの前にいた。ねずみ男というヒントは、あらかじめ佐々木に伝えられていたのだろう。少し背で、横柄にポケットに手を突っ込みながら、やや出っ気味にしてニヤニヤと含み笑いをする。端正な顔立ちと長い手足は隠しようがないが、意外にもちゃんと“不気味”な印を抱かせる。

ごく近くで見ている前川は撮影中、一切口を挟まない。ディレクター示に合わせ、佐々木リラックスした様子でゆったりと、言のまま体を動かし続ける。ごくシンプル背景と相まり、コンテンポラリーダンスパフォーマンスを観ているような感覚があった。またどこか性別をえたような、さらに言うと人間のようで人間でないような。ねずみ男とは水木オリジナル妖怪で、人間と妖怪との間に生まれた半妖怪であるという。「人的なヒーローになっていく鬼太郎に対し、ねずみ男はいかにも人間くさい。妖怪だらけの世界で、ひとり人間の現実を背負っている。妖怪なのに」とは、前川の言葉。佐々木に信頼のこもった熱い視線を送る前川背中から、スタートしたばかりの『ゲゲゲの先生へ』の確かな勝算が伝わってきた。

舞台『ゲゲゲの先生へ』は10月8日(・祝)から21日(日)まで、東京東京芸術劇場 プレイハウスにて上演。その後、長野愛知を巡演。東京演のチケット一般発売に先駆けて、プレリザーブを実施。受付は7月14日(土)午前11時から19日(木)午前11時まで。

取材・文:武田吏都

佐々木蔵之介 撮影:イシイノブミ