スペイン北東部カタルーニャ自治州の「独立」を問う住民投票を強行したとして、スペイン当局が国際手配していた同州のプチデモン前州首相について、独地方上級裁判所は12日、公金横領容疑での移送を認める判断を下した。弁護側は決定を不服とし、独憲法(最高)裁判所への上告を検討している。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら