シンガーソングライターのヒグチアイが「永遠」のMV開した。

この楽曲は6月20日リリースしたセカンドフルアルバム『日々々』に収録されている楽曲で、「永遠とは時間の概念ではなく、感情の概念なんだ」という事を、女性人生物語になぞらえて描かれている。また本人くヒグチアイ史上最もピアノが難解な曲とのこと。

今回のMVは、これまでのヒグチアイイメージとは一変して、薄暗いバーで佇む大人女性の顔を覘かせつつ、先から繰り出される印的なピアノリフが強調された、クールな1カットムービーとなっている。

新作『日々々』を携え、来週からは東京大阪で「ヒグチアイ band one-man live 2018」と冠したフルバンド編成でのワンマンライブも開催。
大阪7月16日・祝)、心斎橋Music Club JANUS東京7月21日(土)下北沢GARDEN
バンドメンバーには、ドラム伊藤大地氏、ベースは今作収録の「わたしわたしのためのわたしでありたい」「玉ねぎ」などのアレンジャーでもある御供信氏、ギターはヒグチの実妹であり、のんシガレッツやコレサワなど、数多くバンドにひっぱりだこの若手ホープひぐちけい氏を迎えた。最強の布との二限りの重なワンマンとなる。

■ヒグチアイ コメント
永遠、という言葉は時間の名称ではなく感情の名称だと思った日があった。それは明確に。中学生のときだった。
永遠に一緒にいよう、という言葉は、好きだと思う最上級の言葉だった。
去っていった男に、永遠に一緒にいようって言ったじゃない!!と責められるほどその人の言葉をそのまま信じていたわけではなかった。それだけのことをわたしに想う気持ちがあったのなら許してやろうじゃないかと。(そんなに寛大な気持ちではなかったが)
今でもキラキラし続けているものはなくしたものだけ。思い出の中だけ。
どんなに大切な宝物でも、そばにあればくすんでいくもの。
 

 

ヒグチアイ