目黒駅からほど近いホテル叙園東京内の段階段で、2018年7月7日(土)〜9月2日(日)まで、『アートイルミネーション 和のあかり×段階段2018 ~日本色彩日本のかたち~』が開催されている。和のあかり世界テーマにしたこの展覧会は、2015年から毎年開かれており、ひとに9万人もの来場者を迎える人気イベントだ。

昭和10年に建てられた叙園の段階段。東京都有形文化財に定されている木造建築で、99段の階段が芸術的な装飾の宴会場7部屋をつないでいる。鏑木清方はじめ、名だたる昭和芸術や名工が室内装飾を手がけた名建築だ。

そんな伝統ある文化財を舞台に、工芸・アート・デザインテクノロジーアロマ・生け祭りなど、ジャンルえた現代の感性がスパークする本展。今年の『和のあかり×段階段』の参加団体は、前年の倍に近い63団体。各部屋それぞれ迫のある大きな展示作品から手のひらにのる小さな工芸品まで、細部にわたって工夫がなされている。また、会期中は展示以外にもライブワークショップなど興味深いイベント企画されている。

まず段階段に向かうには、螺鈿細工がほどこされたエレベーターに乗る。エレベーターそのものが異間を感じさせ、おのずと期待がふくらんでゆく。

ホールに降り立つと、涼しげな青いのれんに透けるに入る。やさしいアロマの香りに誘われ、のれんをくぐると天井いっぱいに日シェード、床にやわらかな芝生、土のかまくらなど、ナチュラル間が迎えてくれる。

そのままエントランスに進み、たたきで靴を脱いで段階段に向かう。たたきの天井には、金魚の大群が泳いでいる。といってもでできた山口祭りで使われている金魚ちょうちんだ。いろんな柄の金魚間をうすべにいろに染め、リラックスした気分で靴を脱ぐ。

エントランスの金魚ちょうちん

エントランス金魚ちょうちん

百段階段

段階段

たたきを過ぎると秋田竿燈まつりの大ちょうちんが見えてくる。その向かいがいよいよ段階段だ。

各部屋は、この段階段の右側に設置されている。頂上まで7部屋。昔はこの階段を重いを持った着物姿の仲居さんたちが気を使いながらのぼり降りしたのだろう。また、この間を作りあげた職人たちも苦労したことだろう。まで続く階段をのぼり、資材を運ぶだけで重労働だ。

遊びにくる人間はそのまま階段を上るだけだが、もてなす側は通常の何倍もの労を使う。このイベントの参加団体や作家たちも同様だ。ここで働いてきた人々の労を察すると、施設のつくりの贅沢さを実感する。だからこそ、段階段は特別な間なのだ。

では、ざっとかいつまんで各部屋のみどころを紹介しよう。            

1室目・十畝の間

十畝の間

十畝の間

荒木十畝による画が配された薄暗い部屋に、イメージした間秀徳の現代日本画の大作が広がる。中央に薄明かりにがたくさん盛られている。折作家 三谷基の作品だ。さが日本画に映えて初の山に残るを思わせる。その周囲にかまくらのような可らしい。土のかまくらプロジェクトの作品があしらわれている。

十畝の間・真ん中の折花

十畝の間・ん中の折

また、十畝の間の向かいにある化粧室には、長崎ランタンフェスティバル麒麟を放っている。路につく麒麟の姿なのだそうで、投影された影が優しい哀愁をにじませている。

化粧室

化粧

2室目・漁樵の間

漁樵の間

の間

をふんだんに使った色木彫で貴族の情を表現した、爛な漁の間。そのままでも十分に驚きのある室内のん中につややかな床を置き、巨大な青森ねぶた面を浮かぶように配置されている。祭りの終わりにねぶたが船での上を走る姿を再現しているという。色木彫間とねぶたの組み合わせは息をだ。圧巻である。

漁樵の間

の間

今回のテーマ竹取物語。3流ねぶた師が初めて共作した作で、かぐや姫、武者、、そしての明かりが貴族の情をうすぼんやりと照らし、竹取物語世界を見事に表現している。この部屋を見るだけでも、会場に足を運ぶ価値があるだろう。

3室目・草丘の間

草丘の間

丘の間

天井と欄間に礒部丘の四季絵や松原風景があしらわれた室内に、アート集団ミラーボラーインスタレーションがいっぱいに展示されている。

ミラーボールのきや効果的な照明が薄暗い天井画をきらきらと照らし、天井画や欄間が動いているかのように感じる。日本画とミラーボールのミスマッチには驚きだ。生と死がテーマの動くと影の間は立体曼荼羅のようである。

草丘の間

丘の間

4室目・静水の間

静水の間

の間

池上秀畝、小山橋本の見事な絵画が競演する間に、切り絵作家早川鉄平メーカー トウメイコラボしたヤマトタケル物語が展示されている。脂で作られた透明感のある切り絵を透過がやわらかく際立たせ、モダンテイストに。出過ぎないセンスが、心地いい空気を作り出している。

静水の間

の間

5室目・星光の間

星光の間

の間

板倉四季が描かれた部屋では、野山のがそのままの姿でとなって咲いている。野山の葉や実の繊細さを損なわない小さなあかりで、自然素材かせている。造形作家川村の作品は、木をする日本人の感性がそのままあかりになった世界だ。

この部屋では、手前にさまざまな工芸作品群が展示されている。どれも繊細で自然テイストだ。

星光の間

の間

6室目・清方の間

清方の間

清方の間

鏑木清方が作った茶室の部屋に、ユーモアたっぷりの作品たちが展示されている。部屋のに設置されているのは、「すごい木工プロジェクト」の作品。さまざまな表情を持つ日本々が宙に浮き、にぎやかである。手前には、美濃や組子細工のあかりが配置され、幻想的なを添える。

また、昭和レトロ安楽志や中島盛夫の絵画、山田全自動の俳画など、くすっと笑える作品も楽しい。蓄素材を使った上出悟の久焼もユーモラスだ。

清方の間

清方の間

7室目・頂上の間

頂上の間

頂上の間

松岡映丘門下の天井画の部屋が、あっと驚くような世界に変化している。床にはターコイブルー美しいタイルが敷き詰められ、寒いくらいひんやりとした空気が身を包む。面には粕(一葉式いけ)の南を感じさせるダイナミックないけばなが潮のようにうねる。

頂上の間・天井

頂上の間・天井

見上げると、数の江戸風鈴が気泡のように天井に浮いている。ときおりタイルから自然に漏れるヒビの音がちりん、と静かな空間にき、瞑想的な気分を誘う。99段の階段を上り、汗ばんだ体が海底で安らいでゆくようだ。

この頂上の間の階段上には、ちょっとしたオマケの間がある。落書きができる面、ボタンを押して遊ぶガチャガチャが設置され、最先端技術でありながら昭和テイストな楽しさを味わえる。

以上、7部屋をざっと紹介したが、これらの内容はごく一部にすぎない。

大きな作品とともに落た小品群が随所にあしらわれており、階段の途中や部屋の入り口にも細やかな趣向が凝らされている。それらすべてが、伝統的な装飾と和のあかりの中で一体化しており、段階段が観ている不思議な夢のなかに紛れこんだかのようだ。

『和のあかり×段階段』は、平成最後の夏に咲くみやびな夢だ。ぜひ大切な人とともに、叙園で美しいを堪してほしい。

漁樵の間