外線によるダメージや皮脂が原因で、抜け毛や頭皮の肌荒れが気になるの頭皮。

そこで、ヘルスケア用品を製造・販売するサンスターグループH&Bマーケティング部の社員の方に、頭をスッキリ洗うコツを聞きました。

シャンプー前のブラッシングとすすぎ洗いがポイント

シャンプー前に軽くブラシングしましょう。

ブラシやクシを使ってをとかしておくことで、シャンプー中のもつれが少なくなり、洗中の抜け毛が減ります。

次に、と頭皮全体にお湯をなじませるようにしながら、しっかりとすすぐことで、や頭皮に付いているホコリや汚れを落とし、シャンプーの泡立ちを良くします。

まずは髪の汚れを落とす“簡単シャンプー”

シャンプーは2回することをおすすめしています。

まずは、の表面についた汚れを洗うためのシャンプーをしましょう。

シャンプー全体につけて洗い、汚れがひどいときや、整料を使っているときは丁寧に洗いましょう。

地肌を洗う“しっかりシャンプー”

2回シャンプーは地肌の余分な皮脂を洗い落とすためのもの。

シャンプーをしっかりと泡立てて地肌を洗います。を立てず、マッサージするようにじっくりと丁寧に洗うのがポイントです。

シャンプー後は、成分が残らないようにたっぷりのお湯でしっかりとすすぎます。地肌や生え際などは特に丁寧にすすぎましょう。

タオルでしっかりやわらか乾燥

タオル全体を包み込み、をこすらず上から押さえるようにタオルで拭いてください。

ドライヤーを使用する場合は、頭皮から10cm以上離してドライヤーを動かしながら、全体をまんべんなくかしましょう。

シャンプーなどヘアケアグッズの選び方

皮脂は、・頭皮のベタつきや、気になるニオイの原因となります。

男性の皮脂分泌量は30歳頃をピークに増え続け、それ以降はあまり減ることがなく、同年代の女性べて約2倍ともいわれています。

皮脂は「量」だけでなく「質」も重要であり、特定の皮脂成分の割合が多いと、のベタつきや頭皮のニオイの原因となることが分かっています。

特に皮脂の多い男性の場合は、「頭皮クレンジング」ができる洗浄の高いシャンプーで、ベタつきやニオイの原因となる余分な皮脂をしっかり徹底的に洗い流すことがポイントです。

は頭皮にも疲れが出やすい時期。毎日の丁寧なケアが、5年後、10年後の健康をつくっていくコツかもしれません。

夏の頭皮をスッキリ洗うコツをサンスターに聞いた!