マルセロが公式インスタグラムを更新 退団する盟友へ「さよならを告げる時が来たんだね」

 レアル・マドリードのブラジル代表DFマルセロは、同僚であり大親友のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドへ感動的な惜別メッセージを送っている。

 2007年にレアルに移籍したマルセロは、その2年後に加入したロナウドと9年間に渡り共闘。また、仲睦まじい親友として時間をともにしてきた。今季3連覇を達成したUEFAチャンピオンズリーグ優勝時のセレモニーでも、マルセロ登場時にロナウドとともに渾身の“CR7ポーズ”を披露した二人の姿が、親しい間柄を表していた。

 そんな相棒のユベントス移籍が正式決定。同僚たちが発表直後にロナウドへ惜別のメッセージを次々と送っていたなか、盟友マルセロは数日間、無言を貫いていた。しかし12日、自身のインスタグラムでようやく口を開いた。

「さよならを告げる時が来たんだね…。まさかこんな日が来るなんて、思ってもみなかったよ。人生に永遠なんてないんだな。だから僕は、君が新たな旅で最高に幸せになれることを願っている。10年間、君の隣にいた。この10年間、楽しいこと、素晴らしいフットボール、勝利、敗北、そして、素晴らしい瞬間に立ち会えた」


「一人の人間としても偉大だった」

「君から多くのことを学んだ。君の姿勢は、今まで見てきたアスリートの中で圧倒的なものだった。試合前の君との談笑、決勝戦前に君の経験に安心させてもらったこと、若手への愛情、その全てが恋しくなると思う。史上最高の選手である君とプレーできたことが僕の誇りだ。一人の人間としても偉大だった。僕が現役を退いた時、バーに座ってビールを手に持ち、君の物語を自慢して、写真を振り返るつもりだよ」

 大親友への思いが、長文で綴られていた。そして感動的なメッセージとともに、優勝セレモニーでスポットライトが当たった、肩を組む二人の後ろ姿を捉えた写真が添えられていた。レアル黄金期を支えてきた両者の別れに、世界のサッカーファンも寂しさを覚えているはずだ。


(Football ZONE web編集部)

マルセロは、同僚であり大親友のクリスティアーノ・ロナウドへ感動的な惜別メッセージを送っている【写真:Getty Images】