を代表する野菜のひとつが「ズッキーニ」。店頭に並ぶ姿を見かけることも多いと思います。でも、美味しく食べる方法がわからないという人もいるかもしれません。そこで、ズッキーニの特徴と美味しい食べ方をご紹介しましょう。

 料理研究内千波さんの著書「内千波 調理の新常識:栄養を逃さず、料理はもっとおいしく、簡単になる!」(主婦と生活社刊)によると、ズッキーニにはビタミンCタンパク質カリウムなどが豊富に含まれており、低カロリーで淡ほのかな甘みがあることが特徴なんだとか。ただし、ビタミンCタンパク質分解酵素は加熱すると失われるので、生で食べたほうが栄養面でオススメとのこと。他にも、タンパク質分解酵素があるため、の消化吸収がよくなるといったメリットもあるそうですよ。

「食材健康大事典」(時事通信社刊)では、オススメの簡単メニューとして、「ズッキーニのハーブソテー」が紹介されています。7ミリの厚さに輪切りしたズッキーニをバターニンニクで炒め、ワインをして蓋をしたら胡椒で味を整えます。これにタイムふりかければ、美味しいズッキーニの完成です。

 このように簡単にできるものもありますが、内さんの著書では、マグロを使った「ズッキーニのカルパッチョ」が紹介されています。美味しさもさることながら、ズッキーニの酵素のマグロがやらかくなるそうですよ。しかも、生で食べるので栄養もたっぷり摂ることができる、うれしい食べ方なんだそう。

 ちょっと苦手という人も、せっかくの“旬菜”です。この、ズッキーニの美味しさを極めてみるのもよいのではないでしょうか。

アサジョ