モデルのダレノガレ明美7月13日、自身のツイッター更新し、“奇跡を起こした”ことを報告。ファンから称賛の言葉を浴びている。

 ダレノガレは「奇跡が起きました」と同SNS上で切り出し、「昨日ツイッターに)記載した子が、昔から逃げた子です。って連絡があり、事に数年ぶりに帰られたとのこと… 私のSNSを通じて、この子家族と再会できた事が幸せすぎる。しかも数年ぶりに! 見つからなかったら今日殺処分されるはずの子が奇跡家族と再会。幸せ」とると、殺処分が間近に迫っていたというの里親を山口県付近で緊急募集するインスタグラムの告知画面のスクリーンショットを添付した。

 SNSでの自らの影によって、迷い家族を数年ぶりに再会がかなうというミラクルを起こし、ファンからも「飼いさん嬉しいでしょうね」「すごい!!」「明美ちゃんの外見と人柄最高だよ」「本当に良かったです」との反応が寄せられている。

「自身もを飼っているダレノガレにはかねてより動物愛護の精があり、ツイッター上でも“迷いの捜索ツイート”の拡散など、様々な方法で1匹でも殺処分される動物を減らすべきという姿勢を貫いてきました。最近では西日本被害に関する投稿も積極的に行っています。とかく発言に冷ややかなヤジを受けることも多い彼女ですが、めげずに続けてきた事が今回の奇跡に繋がったのでしょう」(エンタメライター

 ダレノガレのタフなメンタルが実を結んだと言えよう。

木村

アサジョ