009824.jpg

2018年7月13日)より東京・よみうり大手町ホールにて、舞台『アンナクリスティ』が開幕する。ノーベル文学賞受賞作家ユージン・オニールが1921年に発表し、ピューリッツァー賞を受賞した傑作戯曲が、日本を代表する演出栗山民也の演出で日本初演。初日前日にはフォトコールと囲み会見が行われ、篠原涼子佐藤隆太が登壇した。

1930年に開された映画版では、ハリウッド伝説スターであったグレタ・ガルボアンナ役を演じ、初トーキー映画演として大きな話題を呼んだ。そして、2011年ロンドンウエストエンドで上演された際は、マット役を名優ジュードロウが演じ、全ソールドアウトを記録。英国で最も権威のあるローレンスオリヴィエ賞において、ベスト・リバイバル作品に選ばれた。世界の名優たちが挑んだ濃密な人間ドラマが、これまで『への長い路』『喪服の似合うエレクトラ』『氷屋来たる』と3本のオニール作品を手がけてきた栗山の演出により、日本で今よみがえる。

『アンナ・クリスティ』02

ニューヨーク、サウス通り近くの場。年老いた船乗りクリス(たかお)は、5歳のときに親戚に預けて以来会っていないアンナ篠原)と15年ぶりに再会する。虐待を受け転々としたのちに婦へと身を落とし、身も心も傷ついたアンナ父親のもとで回復したいと願っていたのだ。

アンナ婦になっていたことに気づかないまま、が石炭船上の暮らしを始めたあるの日、難破船から助け出されたアイルランド人の火夫マット佐藤)が彼らの前に現れる。マットアンナに落ちるが、アンナ過去を知ったマットは失望し、アンナの許から去ってしまう。アンナ幸せは訪れないのだろうか・・・。

『アンナ・クリスティ』03

フォトコールでは一幕二場を開。アンナマットの運命的な出会いから、に男が近づくことを恐れていたクリスの登場までのシーンが披露された。物語は船の上で展開するが、舞台上手の斜めに立つ巨大なは、を感覚的に表現するものとして全編を通して存在するという。そのから暗くは、これから起こるであろうアンナたちの人間関係を徴するかのように感じさせ、実に美しく印的だった。

不幸な生い立ちのアンナ篠原は過酷な過去を押し隠すかのように普段はサバサバとした立ち振る舞いなのだが、時折見せる憂いを秘めた表情にその過去を感じさせながらも引き寄せられてしまう。アンナの美しさに一で心を奪われてすぐにプロポーズしてしまうっ直ぐな性格のマット。演じる佐藤は、まさしく海の男という体で、裏表のない純マットを時にコミカルさも交えて演じきっていた。

『アンナ・クリスティ』04

舞台の見どころについて、篠原は「の話をテーマにしている舞台で、家族人とのを深める話です。恋愛ドラマであり、家族・親子とのをどうやって深めていくのか、船の上を舞台としていろんなドラマが起きます。良いこともあれば悪いこともあって、すごく楽しいこともあります」と解説。

20歳のアンナという役柄について、篠原は「ト書きや台詞にで“20歳”とか書かれていて、そんなに書かなくてもいいのに・・・とは思いました(笑)。最初はとかトーンを上げたりて若く演じようとしていたんですけど、栗山さんが『すごく苦労を経た女性なので、そんなに若くならなくていい』と教えてくださったので、安心して“20歳だけど、20歳じゃない感じでやっていこう!”という感じでやっています(笑)」と笑顔を交えながら役作りについての考えを披露した。

『アンナ・クリスティ』05

その設定について、相手役となる佐藤も「幕が開いて、みなさんが観て下さる中で、自然と染みていったらとは思いますね。意識したとしても違和感はまったくないですし、そこが舞台のおもしろさだと思います」とコメント

演の篠原2001年の『ハムレット』、2005年の『保12年のシェイクスピア』以来、13年ぶりの舞台で初演を務める。出演のきっかけについて、篠原は「お話をいただいた時に、ぜひやりたいと思いました。舞台はもともと憧れだったので、挑戦したいなと。自分にとっていいターニングポイントになるかと思います」と話し、続けて、本番に向け「お客さんと一緒にセッションするような感じで、受けた時にいろんなイメージが出てくるのかなと思うので、それからなのかな。今はとっても楽しいし、とっても不安。両方あります」と初日を迎えるを明かした。

が二人を引き合わせ、讐を包み込んだ。演出・栗山が複雑な心理を表現豊に演じるキャストと創りあげる珠玉の舞台がついに幕を開ける。

舞台『アンナクリスティ』は、7月13日)から7月29日(日)まで東京・よみうり大手町ホールにて、8月3日)から8月5日(日)まで大阪梅田芸術劇場にて上演。

『グリーン&ブラックス』06

(取材・文・撮影/櫻井充)

009824.jpg