大相撲名古屋場所6日目(13日、愛知・ドルフィンズアリーナ)

 鶴竜が右肘のけがで休場。横綱不在の土俵で新大関栃ノ心に土がついた。左上手を引いたが玉鷲の小手投げを食った。関脇御嶽海が正代を下して6連勝とし、単独トップに立った。かど番の両大関は豪栄道が阿炎を上手投げで退けて4勝目を挙げたが、高安は貴景勝に押し出されて2敗に後退。