今回は、週プレ酒BARにガイアナ共和国と日本のハーフ・牧野紗弓ママが登場!
今回は、週プレBARガイアナ共和日本ハーフ牧野ママが登場!

昨年6月から新宿歌舞伎町で営業中の『週プレ』。その中にある全予約制の『週プレBAR』では日々、女性タレントたちが"日替わりママ"を務めている。

そんな彼女たちと一緒に飲んだり話したりできる、夢のようなバーの雰囲気をお伝えするこのシリーズ。第40回は『アウト×デラックス』(フジテレビ系)のカウンターガールでおなじみ、日本ガイアナ共和ハーフタレント牧野ちゃん!

今回も、は一滴も飲めない食系ライター・Aがバーに向かった...。

* * *

―日替わりママ、お疲れ様でした!

牧野 ありがとうございます! お酒を入れてお話しするのって、すっごく楽しいですね。私、ちょうど1年前にママとして立たせていただいたんですけど、そのときはお酒が飲めなかったんですよ。だから今日はさらに楽しめました。

―昨年は、翌日くからお仕事だったとか?

牧野 単純にそのときは身体がお酒を受け付けなくて。お酒の場に行っても、いつもウーロン茶オレンジジュースを飲んでたんですけど...。つい先からいきなり飲めるようになったんです。

―ほう。何かきっかけが?

牧野 いや、きっかけとかは特にないんですよ。行きつけの焼屋があるんですけど、仲がいいそこのスタッフさんたちと中に近所のバーダーツをして、私が負けちゃって。罰ゲームテキーラを飲むことになったんですね。

―「身体がお酒を受け付けない人」に強制テキーラ!? むごい!

牧野 まあ、負けちゃったものは仕方がないから、「大丈夫かな...?」と思いながら飲んだんですよ。そしたら、逆にものすごく元気になって(笑)。それからお酒全般が飲めるようになりました。

―...そんなこと、あり得ます??

牧野 なんなんですかね?? でも、先東京に出てきて丸2年だったんですよ。やっと仕事リズムが取れてきたり、ホームシックも減ってきたり...。気持ちに余裕が生まれたから飲めるようになったのかもしれない!

―説得があるような、ないような...(笑)

牧野 というか、パパ宮崎県出身で、ママインドガイアナ共和のクォーターで...。九州と南の血が流れている私、強いに決まってるんですよね。今はテキーラが大好きで、1日に10杯飲むこともあるし...(笑)。もうお酒毎日飲まないとやっていられないです。

テキーラ10杯飲めるって、間違いなく相当強いですよ...。っていうか「飲まないとやっていられない」って(笑)

牧野 1日の最後に飲むのって、仕事が終わったあとのご褒美というか...爽快感がすごいじゃないですか。あと、いろんな人と盛り上がれて楽しいですし。最近も、渋谷友達と飲みながらワールドカップを観ましたよ。

日本代表の試合があるとスクランブル交差点が大変なことになる渋谷に!

牧野 たしかに大騒ぎしている人たちはエグかったです。でも、みんなで純に感動を共有して楽しめました。知らない人たちとハイタッチもして。いや~、盛り上がりましたね。

―いわゆる、"パリピ"な方ですね...(遠くを見つめながら)。

牧野 ...あくまで純に"サッカー"を楽しみましたよ(笑)。私、小、中学生のときにサッカーをしていたので、今もサッカーが大好きなんです!

―純に試合を楽しみたい人は、そもそも渋谷に行かない気もしますが...(偏見!)。ところで、この連載では毎回、ママに「の場での男の振る舞い方」や理想の男性像についてもお聞きしています。牧野さんは「好きな男」と「飲まない男」なら、どちらが好みですか?

牧野 どちらでもOKですよ。私も飲めなかった時期がある以上、そういう人の気持ちがわかるので、ムリに勧めたりもしないですし。だから、もし飲めない男性お酒の席にいたら隣に座って、飲ませようとしてくる人から守ってあげたいなって思います。

―おぉ!「もともと飲めなかったから気持ちがわかる」って女性、下戸からしてもかなりうれしいです!

牧野 私もムリに勧められることがあったので。地元の男のコとか、酔わせて潰そうとしているのが見え見えだったりすることもあるんですよね...。だから飲める人でもそういう人はイヤだし、飲めない人はムリに飲まなくていいので、お酒以外のところで頑ってほしいです!

なるほど。ちなみに、どういう男性タイプなんですか?

牧野 内面でいうと、ひとりぼっちというか、一匹みたいな人に魅を感じますね。ウェイウェイやっている男性より「休憩中はひっそり読書してる」みたいな男性のほうが好きです。

―...さっきの渋谷の話を思うと「ウェイウェイ男子」のほうが好きそうだと思ったので、ものすごく意外です!

牧野 一緒に飲んだり遊んだりするのはそういう人のほうが好きなんですけど(笑)、ひとりでいる男性って、放っておけない感じがして気になっちゃうんですよね...。昔の彼氏たち、みんなそういうタイプ、ダメ男でした(笑)。「私がいなきゃ生きられないだろうな」って性本が働くんですかね?

―ダメ男...お金を要してくるとか??

牧野 貸してた(笑)! 大学時代の彼氏で、「教科書買うから5万貸して」って言われたんですよ。医療系の学部だったから教科書は高くて「まあ仕方ない」と思って貸したんですけど、全部ギャンブルに使われました。返ってこなかったけど...(笑)

―絵に書いたようなダメ男じゃないですか(笑)

牧野 だから、次こそはちゃんとした人と付き合いたいんですよね(笑)。でも自分からアタックできる性格じゃないので、なかなか...。

―ちゃんとした男性アタックしてくれるといいですね...(笑)。好きな男性の要素って、ほかにもありますか?

牧野 私、"制服フェチ"というか、仕事をしているときの格好が好きみたいです。私姿じゃなくて消防士や警察官の制服姿とか、作業着姿とか。メイクさんとか音さんみたいに具をいっぱい持っている人も好きで、『アウト×デラックス』の収録中も、ゲストさんよりスタッフさんを見ながら「めっちゃカッコいい...」って思ってます。

―それこそアウトですよ! 収録に集中してください(笑)

牧野 ですよね(笑)。でも、私自身が"アウト"だから番組のカウンターガールをさせていただいているんですよ、きっと。

―開き直った(笑)! とはいえ、「スーツ姿にグッと来る」みたいな女のコはやっぱり多いんですね。ライターにもユニフォームがあればいいのに...(小)。

牧野 ユニフォームといえば、やっぱりサッカー選手ユニフォーム姿も好きですね。というか、サッカー選手が好きです!

なるほど、やっぱり一番モテるのはスポーツマン...。ちなみに、日本代表で好みの選手っていましたか?

牧野 士)選手ですね。身長は低めなんですけど、それがかわいくてしょうがなくて...。結婚して子どももいるんですけど、テレビ家族と一緒に過ごしているところを見て「こんなパパ、いいな~」って。あと、槙野(智章)選手と川島(永嗣)選手もカッコいいなって思います。

―挙がった3人、見事に全員既婚者ですね...(笑)

牧野 そうなんですよね~...(笑)。でも、私もいつかサッカー選手と付き合って「お前のためにゴールを決めてやるよ」とか言われたいです!

―ひとりはキーパーだし、そんなキザセリフ、たぶん3人とも言ったことないですよ(笑)! えー、そろそろお時間なので、最後に読者へひと言お願いします!

牧野 今日は1年ぶりにママができてうれしかったです! ファンの方とこんな近さで、お酒を交(まじ)えて話せたこののことは「忘れないだろうな」って思いました。週プレさんでは2年前に、2メートルくらいあるヘビを巻いてグラビアをさせてもらったんですけど、そういう身体をったグラビアがまたやりたいなと思っていますので、応援よろしくお願いします(笑)

牧野まきの・さゆみ

1996年2月20日生まれ 愛知県出身 身長160cm B86 W58 H85

日本人ガイアナ共和ハーフ。『アウト×デラックス』(フジテレビ系)にカウンターガールとして出演中。最新情報公式Twitterチェック!【@sayumi_0220

取材・文/アオキユウshort cut] 撮影/武田敏将

ガイアナ共和国と日本のハーフ・牧野紗弓ママが登場!