決勝フランス戦で期す20年前の辱「それが理由でらは意欲が高まるに違いない」

 サッカーワールドカップW杯ロシア大会は決勝でフランスクロアチア突する。“20年周期で初優勝”の法則もあり、
期待がかかるクロアチア。準決勝のイングランド戦で1得点1アシストで全得点に絡んだMFペリシッチは、その20年前に初優勝を達成したフランスに対する辱を誓っている。海外メディアが伝えている。

「ペリシッチらの夢はあと少し」と特集したのは、FIFA公式サイトだった。ついに決勝進出を決めたペリシッチは「これは表現できない」「大会前はもこうなるとは信じられなかっただろうけど、らは信じていた」などと心った上で「残す試合はあと1つ、らはこれ以上ないほど高いモチベーションがあるよ」と決勝に挑む決意を明かしたという。

 特に、燃える理由が一つある。決勝で戦うフランスに、98年準決勝で敗れたこと。「そのことが理由で、らはいっそうモチベーションが高まるに違いない」とペリシッチったという。当時は勢いそのままにフランスが初優勝。今大会は当時以来の“20年周期で初優勝”の法則が注を浴びているが、クロアチア20年前の辱を果たし、“法則”を完成させる意気込みだ。

「彼らは有視されていて、らはベストを尽くして彼らを驚かせなきゃいけない。モスクワに留まれてみんな、うれしいよ、それが標だったから。もうらの夢はあと少しだ」

「今らはここにいて、その夢をつかもうと、あるいは掴む寸前にいる」

 また、英フォーフォー・トゥー」によれば、ペリシッチは「この2つのチームはいろんな較点がある。彼らは1998年フランス奇跡を起こした。は9歳で試合を観て、同じようなシチュエーションを夢見ていた。今らはここにいて、その夢をつかもうと、あるいは掴む寸前にいる。準備はできているよ」と夢を正夢にするつもりだという。

 あの時、フランスに敗れてから20年間、クロアチアは一度も1次リーグを突破することができなかった。「この20年、らはフランス大会と似たような結果を出すことができずにいた。2008年オーストリアでのユーロでも近づいたかもしれないけど、運がなかった」と話し、W杯決勝というこれ以上ない舞台こそが最高の辱の機会と考えていることを明かした。

「この大会ではそれをひっくり返せればいいなと思っている。これまでやってきたことを続けるだけだ」

 今大会は全試合にスタメン出場し、2得点。特に準決勝のイングランド戦では同点弾をマークし、延長後半の決勝ゴールアシスト。全得点に絡み、決勝に導いたペリシッチ。決勝は15日に行われる。20年前、幼き日の瞳に焼き付いたフランスへのリベンジを果たし、初優勝を成し遂げることはできるだろうか。(THE ANSWER編集部)

イヴァン・ペリシッチ【写真:Getty Images】