【大きい画像を見る】『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』発売2日間で11.1万台販売

メディアクリエイトは、任天堂の「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン」の販売台数が発売2日間で11.1万を記録したと発表しました。

同製品は、週刊少年ジャンプ創刊50周年を記念して、2018年7月7日に発売されたファミリーコンピュータの復刻版です。『ファミコンジャンプ 英雄列伝』をはじめとした同誌を代表するファミコンタイトル20本収録されており、さらに本体カラーゴールド仕様になっているのが特徴です。

同社は、今回の結果を「「キャプテン翼」や「キン肉マン」などのリアルタイム読者ファミコン世代である3040代の需要を喚起したと思われるが、他商品への拡がりは特にみられなかった」と分析。通常版の「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」が発売4日間で36.9万台を売り上げた事を鑑みると、今回の結果はやや控えめな印を受けますが、レトロゲーム機の復刻版というより「週刊少年ジャンプファンアイテム」として見れば11.1万台という数字は決して悪くないと言えるのではないでしょうか。【ほかの画像を見る】『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』発売2日間で11.1万台販売
『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』発売2日間で11.1万台販売