東海エリアで毎年大人気のレジャープールと言えば、「ナガシマスパーランド」(三重県桑名市)にある「ナガシマ ジャンボプール」。日本最大級のプールや絶叫スライダーなど、施設内には多プールがあり、1日中楽しめるスポットだ。また、今年の「ナガシマ ジャンボプール」には、注の「プール」が新たに登場。圧巻の流やスリルを、人気男性グループ「BOYS AND MEN 研究生」(通称、ボイメン研究生)の北川せつら・中原聡太の3人が体験してきた!

【写真を見る】今年の目玉「超激流プール」。スリル満点の激流に身を任せよう

■ 体験したことのないほどの流!

プール」は、険しい峡谷イメージしたプールに約40tのが流れ込み、秒速約2mの流が発生する、迫満点のアトラクションだ。北川中原の3人は昨年のも「ナガシマ ジャンボプール」を訪れ、「プール」を体験。さらにパワーアップした“流”の迫メンバーの3人も驚きを隠せない!一般的な流プールの約3倍の速さの流速で、慣れてきたら自分から流に突っ込んだり、波にぶつかったりしてみるのもおもしろい。

「昨年体験したプールはるかに上回るしい流れにびっくり。自分から流に突っ込んだり、波にぶつかったりしても楽しい!」()、「とにかく波のしさが半端ないっ!流にもまれていると、1周があっという間で、回るたびに違う波を体験できるはず!!」(中原)

■ これも外せない!絶叫スライダーにチャレンジ

「ナガシマ ジャンボプール」には、世界最大級のスライダーを含む11種類のスライダーがそろう。なかでも“絶叫系スライダー”は、予測不可能な動きをするものばかりでかなりの怖さが味わえる!

“絶叫系スライダー”のうち、23mの高さから、全長100mの直線コースいっきに滑り降りる「フリーフォースライダー」は特にイチオシ。一、体がフワッと浮くような感覚にヤミツキになる人も多い。ほぼ垂直なコースに怖気づくことなく進めるどうか、挑戦してみよう!「滑るというより落下! スタンバイ時に下が見えないのが怖い」()

黄色カラーリング印の「ブーメランツイスト」は、6人乗りのボートに乗ってコースを走る。通称“ベロ”と呼ばれる、最大傾斜68度、地上高20mの絶壁へたどり着いた後は、しい横揺れに襲われながらっ暗なトンネルに突入!「どこに進むかわからない~。特に後ろ向きになると怖さ倍増!!」(中原)

中心のに引き寄せられながら、“いつ落ちるかわからない”恐怖を味わえる「UFOスライダー」も注だ。アリジゴクを思わせる、UFOのようなボウルの中をグルグルと回り、フィニッシュは深2.5mのプールに頭や足からドボーンッ!と落ちる。「自分では制御不で、気付いたらにドボン。しかも深い!」(北川)

■ 小さな子どもにおすすめ!「スパキッズ

流”や“絶叫系”を紹介してきたが「ナガシマ ジャンボプール」には小さい子どもでも楽しめるプールもある。屋内キッズ専用プール「スパキッズ」では、5つのエリア遊びをエンジョイできるのだ。プールにはが使用されていて、肌にやさしいというのもキッズには安心。大人子どもも一緒になって楽しめる、東海エリアを代表するレジャープール遊びを満喫できること間違いなし!!

BOYS AND MEN 研究生 プロフィールメンバーは今回登場した3人を含む計6人。昨年から始まった全制覇プロジェクトでは、名古屋をはじめ東京関西福岡にもエリア別の研究生が続々誕生。5月には「和田アキ子 with BOYS AND MEN 研究生」名義で、シングルを頑って」をリリース東海ウォーカー東海ウォーカー編集部)

ボイメン研究生の北川せつら(写真左)・米谷恭輔(中)・中原聡太(右)が「ナガシマ ジャンボ海水プール」で超激流プールを体験!