ニューバランスのフットサルシューズ「AUDAZO(アウダッゾ)」シリーズは、コントロール性や俊敏性、スピードを十分に発揮するために作られたプロダクト。フットサルシューズでは珍しい落ち着いた色合いも、数多くのファンから愛される理由のひとつだ。

【詳細】他の写真はこちら

そんな「AUDAZO」シリーズの最新作『AUDAZO 3.0 PRO』が、2018年7月に登場した。ラインナップは、インドア用の『AUDAZO PRO ID WL3』(1万800円)、ターフ用の『AUDAZO V3 PRO TF LP3』(1万800円)の2種類だ。

『AUDAZO PRO ID WL3』



『AUDAZO V3 PRO TF LP3』



カモフラ柄が目を惹くミッドソールには、クッション性と衝撃吸収性に優れた「REVLITE
(レブライト)」素材を採用。縦横無尽に走り回る激しい動きでもブレを抑えてくれて、安定したプレーをサポートしてくれるように設計されているのだとか。



サドルやタンにはメッシュ素材が使われているから、通気性もキープ。トゥー部にスエードを用いて耐久性を上げるなど、僕たちが思う存分フットサルを楽しめるようなアイディアが満載だ。



シューズの機能はもちろんだけど、『AUDAZO 3.0 PRO』は何と言ってもデザインが洒落ているのがうれしいポイント。前述の通りミッドソールにカモフラ柄を配すだけでなく、インソールも同様のデザインに仕上がっている。

フットサルシューズはカラフルなモノが多いけど、本製品の落ち着いたホワイトや、少しくすんだようなブルーのカラーリングは今の気分にグッド。これなら僕たちの足元も、大人のフットサルプレイヤーらしく飾ってくれるだろう。

関連サイト
New Balance

textコバヤシユウタ(編集部)
(d.365)
掲載:M-ON! Press