中国の民主活動家でノーベル平和賞を受賞した劉暁波氏が、獄中死してから13日で1年を迎え、世界各地で追悼の動きが広がった。10日にドイツに出国した妻の劉霞さん(57)は友人に対し、13日のベルリンでの慰霊式典に「出席できない」と説明。霞さんは、中国当局から政治的活動への圧力を受けている可能性もある。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら