15日決勝でクロアチア突、大一番に向けて“チャレンジャー”の重要性を強調

 現地時間15日に行われるロシアワールドカップW杯)決勝を前に、フランス代表MFポール・ボグバは「クロアチアとの決勝戦でらは本命ではない」とチームに注意喚起している。スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じた。

 アルゼンチンウルグアイといった南の難敵を退けながら準決勝に進んだフランスは、決勝進出をかけてベルギーと対戦。後半の序盤にセットプレーで奪った得点を最後まで守り切り、20年ぶりの優勝に王手をかけた。

 クロアチアとの決勝戦を前に開かれた記者会見にポグバが登壇。大一番を前にフランスの方が強いという世論に対して、「フランスが本命だとは思わない。これはW杯の決勝なんだ」とレ・ブルーフランス称)の中核を担う男はっ向からその考えを否定した。

クロアチアは本当に強い精を持っている。それはイングランド戦でビハインドから逆転したことからも分かる。(延長戦を3試合こなしているため)ちより90分も多く試合をしているかもれないが、断固とした意思を表したチームが勝利を手にするだろう」

 ポグバはまだ大会が終わっていないことを強調し、あくまでチャレンジャーの精を持って決勝に臨むべきだとする。

たちは今のままでいなくてはならない。(フランスが)本命だと思ってはいけないんだ。トーナメントが始まる前、たちは疑問を持たれていたはずだ。まだ何も手にしていない。たちはみんなでこのW杯を制したい」

 クロアチアとの決勝も常心で戦うことが必要だとったポグバ。その言葉どおり、フランスは変わらないパフォーマンスを見せ、世界の頂点に立つことができるのだろうか。


Football ZONE web編集部)

フランス代表MFポグバは、チャレンジャー精神を持って決勝に臨むべきだと主張する【写真:Getty Images】