東京急行電鉄(東急)は7月13日、東急線各駅の券売機から銀行預金を引き出せるキャッシュアウト・サービスを2019年春ごろに開始すると発表した。横浜銀行、ゆうちょ銀行、GMOペイメントゲートウェイの3社と共同で開発に取り組み、18年度中に一部の券売機で実証実験を始める計画だ。

【その他の画像】

 専用スマートフォンアプリに引き出し金額や口座情報、パスワードなどの必要情報を入力し、QRコードを入手。そのQRコードを券売機の読み取り機にかざすと、提携金融機関の口座から指定した金額を引き出すことができる仕組みだ。

 引き出し手数料は検討段階だが、コンビニATMと比べ割高感のない水準をイメージしているという。引き出し金額の上限などについても検討中としている。

 横浜銀行の前迫静美常務執行役員は「昨年提供を始めたスマホ決済サービス『はまPay』を普及させる中で、日本では想定以上に現金決済が多いことを改めて実感した」という。この現状を踏まえ、「キャッシュレス決済の環境を整える一方で、気軽に現金を引き出せる環境も準備することが顧客の利便性向上につながる」としている。

 東急でプロジェクトリーダーを務める八巻善行氏は「東急線以外でも同サービスを活用できるよう開発を進めている。他の鉄道事業者にも是非参画してもらいたい」と呼び掛けている。

利用方法イメージ