dTVのオリジナルドラマ「婚外恋愛に似たもの」第4話が、2018年7月13日()に配信された。

【写真を見る】平井理央×江口のり子の“百合”シーンも!

平井理央演じるが本格的に登場し盛り上がってきている同作は、宮木あや子原作栗山千明安達実らがアイドルグループ“スノーワイツ”にをし、“35オンナ”の本音を描いたヒューマンコメディーとなっている。

第3話では、益子(江口のりこ)のおかげで何とか「大感謝イベント」に参加できることになった美佐代(栗山)だったが、元同僚にしてライバル、今をときめ女性経営者・(平井)も“ホワラー”であることが判明。

しかも、夫とのごたごたで一の生きがいになっていたイベントが、とまさかの“連番”であることが分かり、戸惑いつつも一緒に参加することに。

一方、楽しい時間を過ごしたが帰路に着くと、何者かによるについての怪文書マスコミ関係に出回り、仕事が相次いで契約解除という一大ピンチを迎える。

そんな中、美佐代の助により怪文書の出どころを突き止めたは、怪文書の出どころである元職場に美佐代と共に乗り込むのだった。

■ 波乱の第4話は美佐代が大活躍!

敵であるの騒動に首を突っ込む形になってしまった美佐代だったが、思いがけない形で彼女のお事情を知るところから第4話はスタート

いわく、今回の一件は結婚もせずにスノーワイツの追っかけをしているのが父親にバレてしまい、それから親子断絶をしていることが起因となっているとのことだった。

・剛蔵(山田明郷)の恐ろしさを聞いた美佐代らだったが、そこで、結婚する気がないことを知らしめるために一芝居打つことに。

美佐代は、レズビアンだという新たな疑惑をつくり、写真とこれまでの美佐代の憤をらすかのような文章を添え、メールを各所に送りつけるのだった。

その後、美佐代の怪文書は剛蔵の手元にも渡り、剛蔵は怒りに震え電話する。

剛蔵からの電話に恐る恐る出たは、「そんなに親の望む人生がイヤか!」と問う剛蔵に対し、「イヤです。私は、自分の人生を生きて行きます」と切り返し、親子の縁を切ることに成功する。

父親をやり込め、喜びに浸るは、怪文書情報を教えてくれた美佐代の夫・修一郎(田吉)に礼がしたい言いだす。そこで美佐代は言葉に詰まり、夫婦関係の現状を裸々に告白し、離婚に向けて意志を固める。

美佐代の言葉を借りるなら、“ハイパークソセレブ”ことのお事情が明るみに!

怪文書により“ショタコン”のレッテルを貼られただったが、美佐代の発案による“×益子”という衝撃写真を撮影し、メールを送付し返すことに。

美佐代の活躍(?)により、ドン引きするほどの出来栄えの写真が撮れたが、結果、は顧客の新たな流出など失う物も多かった…。

だが、は新たな顧客も増え、何よりも父親との縁を切ることに成功!

また、今回は“チカちゃん”こと高柳税(増子)、“マッシュ”こと大船秀()が登場。そんな2人が登場するのは、お家騒動がひと段落した帰り道に、美佐代ら3人はチカちゃんマッシュとすれ違う。

さらに、チカちゃんは昔、に助けられたことを覚えており、ファン利に尽きるイベントが発生し、チカちゃんが覚えていたことを知ったは卒倒しそうになる。

そして、第4話の最後には安達演じるが一番だと思っている山田真美が登場。ショップで美佐代にを掛けるなど意外な面をのぞかせるが、ごく主婦である山田が今後どう物語に関わってくるのかに注したい!(ザテレビジョン

dTVのオリジナルドラマ「婚外恋愛に似たもの」第4話が配信中