残念ながらクロアチアに敗退して、ワールドカップの優勝トロフィーサッカーイギリスへと持ちかえることができなかったイングランドイングランドが属するイギリスでは、7月10日イギリス軍誕生100周年を祝った100年祭が開催されました。

7月10日クロアチアイングランドの準決勝前ということもあってか、100年祭のお祭りムードにも拍がかかったようです。大勢の人がイギリス軍の編隊飛行の様子を撮影し、SNS上に投稿しています。

https://twitter.com/paulholland1987/status/1016657617823977473
ある『Twitterユーザー投稿したこちらの動画は、戦闘機が編隊を組んで「100」という数字を表現しています。

https://www.instagram.com/p/BlI0D2pBH2i/?taken-by=potionpictures
イングランド代表の応援歌の中の一節で、イングランド代表が負けるまでSNSや新聞記事の見出しなどでも頻繁に使われたフレーズの「It’s coming home(優勝トロフィーサッカーへ帰ってくるぞという意味)」のフォーメーションを撮影した映像も出回りました。残念ながら、こちらはイギリスのPotion Picturesが開したCG映像。実際、BBCとザ・サンのニュース映像を見ても「It’s coming home」のフォーメーションは確認できませんでした。

It’s coming home」の映像は「It’s NOT real(本物じゃない)」というオチでしたが、サッカーのほうも「It’s NOT coming home(優勝トロフィーに戻ってこない)」という悲しいオチになっちゃいましたね。

※画像:『Twitter』より引用
https://twitter.com/paulholland1987/status/1016657617823977473

ソース
https://www.instagram.com/p/BlI0D2pBH2i/?taken-by=potionpictures
https://www.youtube.com/watch?v=JvtMxsYOj94
https://www.youtube.com/watch?v=PjKwKmS8LQQ

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 面未来、探メディアガジェット通信(GetNews)』