8月1日()から開される映画センセイ君主」。「ヒロイン失格」の幸田もも子による同名コミックス映像化し、イケメンだけどヒネクレ者の高校教師竹内涼真が、そしてちょっぴりおバカだけど、に全全開でぶつかって行くヒロインあゆはを浜辺美波が熱演。

【写真を見る】浜辺演じるあゆはの「大暴れ」シーンは必見!

映画君の膵臓をたべたい」を手がけた監督が、再び浜辺美波タッグを組み、思い切りポップキュートラブコメディーを作り上げた。

あゆはは親友のアオちん(川栄李奈)と虎(佐藤)のを借りながら、先生に猛アタックを仕掛けるが、映画版でのその行方!? あゆはを演じた浜辺美波に直撃!

■ 「原作あゆはの顔芸や表情は全部取り入れたかった」

――今作は原作コミックス自体がとてもコミカルハイテンションですが、コメディーに挑戦してみて、いかがでしたか?

「とにかく楽しかったです! まず台本が面かったので、どうやって演じるかを考えている時間も楽しかったですし、現場で監督スタッフさんたちと笑いながら話している時間も楽しかったです。とても体を使う役でしたが、とにかく楽しいという気持ちが一番でした」

――パロディーシーンも多く、初っ端から顔芸にも挑んでいました。何か参考にしたんですか?

パロディー系に関しては、事前元ネタDVDを頂いていたので、全部観てから挑みました。でも、もともと原作コミックスが好きで、あゆはの顔芸や表情は分かっていたので。そこも全部取り入れていきたいと思っていました」

■ 「羞恥心を捨てて、監督の不安を吹き飛ばしてやろうと(笑)

――普段の辺さんはとても落ち着いた雰囲気なので、監督は最初不安がっていたそうですが?

「戸惑いがあると演技に出ちゃうと思ったので、台本を開く前に羞恥心を捨てて、変顔でも何でも来いと思ってやりました。監督が不安がっているといううわさも聞いていたので、その不安を吹き飛ばしてやろうと。でも、(変顔をする時は)小さい頃から培ってきたの血が騒ぎました。家族も結構こんな感じなんです(笑)

――意外過ぎます(笑)あゆはがに落ちる先生竹内涼真さんが演じられました。竹内さんの先生はいかがでしたか?

「最初に本読みをさせていただいたのですが、何度も掛け合いをしていくうちに雰囲気やセリフの言い方がどんどん先生になっていった、という印でした。竹内さんは優しくて面お兄さんだったので、とても楽しく撮影できました!」

■ おすすめは「スカウターシーン!?

――辺さんの中で印に残っているシーンは?

数学準備室でのシーンです。先生クラスメートがいるシーンで、あゆはが大暴れと言いますか、いろんなパロディーをしたり、ずっと喋っているというシーン(スカウターを付けて、『ドラゴンボール』の孫悟空のせりふを言うシーン)なんですけど、リハーサルをたくさんしたので、印に残っています。時間を掛けて作り上げたシーンだったので、ぜひ注して見ていただきたいです」

――クランクアップを迎えた時はどんな気持ちでしたか?

「本当にあっという間で…。どのシーンも明るく、スピード感があって、面い掛け合いのシーンが多かったので、毎日どうしようかと必死に考えていたな〜と撮影期間を振り返ってしまいました」

――最後に見どころを教えてください!

「私はもともと原作コミックスあゆはというキャラクターが大好きだったので、マンガと同様に、先生やアオちん、虎との掛け合いの面さを観ていただきたいです。虎もアオちんもすごく面いんですよ! 映画版でも幸田もも子先生が描く、漫画世界がしっかりと広がっていると思います。

それから、気軽に作品世界に入り込むことが出来る作品だと思いますし、とても楽しい気持ちになれる映画でもあると思いますので、ぜひご覧いただきたいです!」(ザテレビジョン

変顔のシーンでは、「浜辺家の血が騒ぎました」と明かした浜辺美波