中部地方から中国地方へ深刻な被害をもたらした「平成30年7月豪雨」の影で,15.6インチ液晶パネルを搭載する新しい「Razer Blade」ノートPCの出荷に遅れが出ているようだ。
 Razer公式Twitterアカウントによれば,Razer Bladeの製造に必須となる部品の提供元が今回のによる影を受けているとのことである。

To our Razer Blade 15 fans, several critical components of the Blade 15 are made in Japan and manufacture has been delayed by recent floods. This led to some delays in our production lines. Thank you for your patience as we work to ship the Blade 15 to you as soon as possible.

— R Λ Z Ξ R (@Razer) July 13, 2018
 現在のところRazerは15.6インチネル搭載版Razer Bladeの内発売日を発表していないうえ,Razer日本語公式Twitterアカウントも以下のとおり述べているだけだが,内発売に向けて何らかの影が出ている可性はあるだろう。続報を待ちたいところだ。

本社ツイートによると新Bladeには日本製のコンポーネンツが組み込まれていて、今回の洪水で出荷に影がでているとか。この件、根洪水公式ですが、日本国内の発売までもうすこしお待ちください。 https://t.co/dwY6BLKrwG

— R Λ Z Ξ R ?? (@RazerJP) July 13, 2018
リンク「Razer Blade」がフルモデルチェンジ。Razerは「世界最小の15.6型ゲーマー向けノートPC」と謳う


―――――――――――――――――――――――――――――
記事URLhttps://www.4gamer.net/games/023/G002318/20180713088/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
―――――――――――――――――――――――――――――
関連タイトル
HARDWARE Razer

―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright(C)1999-2017 Razer USA Ltd. All rights reserved.
―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2018 Aetas, Inc. All rights reserved.