2012年のオークスで3着など牝馬の重賞路線で活躍したアイスフォーリスの初子など、今週の福島競馬でデビューする2歳馬3頭について、関係者のコメント。

■7月14日(土)福島5R 芝1200m
・ヨークテソーロ(牝2・美浦・高木登、父Kingman、母Masaya、母父Dansili)
高木教師のコメント
「ゲートの出もまずまずで、短距離向きでしょう。体がまだしっかりしていなくて、本当に良くなるのはもう少し先になりそうですが、気持ちで走れていますので力は出せるのではないかと思います」

■7月14日(土)福島6R ダ1150m
・ジョウラン(牡2・美浦・黒岩陽一、父エスポワールシチー、母ドーニングストーム、母父Storm Cat)
黒岩調教師のコメント
「スピードがあって、ダートの短距離向きだと思います。調教では楽に動けていますし、十分乗り込んできています。まだトモにゆるさはありますが、一本調子でもないですし、どんな走りをしてくれるか楽しみですね」

■7月15日(日)福島5R 芝1800m
・カイザースクルーン(牡2・美浦・相沢郁、父ルーラーシップ、母アイスフォーリス、母父ステイゴールド、母のアイスフォーリスは2012年のオークス(GI)3着、フローラS(GII)2着、2015年の中山牝馬S(GIII)2着なで活躍)
相沢調教師のコメント
「今週(7/11)は併せた相手が動いたので少し遅れましたが、期待は大きいですし、良い競馬をしてくれるのではと思います。おっとりしていて距離も持ちそうですが、もう少しピリッとしてほしいですね。ジョッキー(石川)は奥がありそうだと言っていて、長く良い脚を使ってくれるでしょうし、血統面からも期待度は高いです」

(取材・文:佐々木祥恵)