モドリッチ、絶対的エースの退団に「残念でならない」

 レアル・マドリードクロアチア代表MFルカ・モドリッチは、“巨人”の絶対的エースだったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドユベントス移籍に悲痛な思いを明かしている。英サッカー専門誌「フォーフォー・トゥー」が報じている。

 クロアチアは現地時間11日、ロシアワールドカップW杯)準決勝でイングランドと対戦し、延長戦の末に2-1で勝利。6試合連続で先発し延長後半14分までプレーした将モドリッチは、同史上初の決勝進出に大きく貢献したが、試合後、レアルの絶対的エース退団に悲痛な思いを明かした。

の願望は、クリスティアーノの残留だった。彼は二の存在であり、去ってしまったことが残念でならない。はただ、彼がレアル・マドリードというクラブで成し遂げてきた全てのことに感謝している。マドリード戦を除く試合でベストプレーを見せることを望んでいる」

 2009年レアルに加入したロナウドは、リーグ優勝2回、UEFAチャンピオンズリーグ制覇4回、FIFAクラブワールドカップ3度など通算16個のタイトルを獲得。レアルでの通算得点数は451ゴールと、クラブ史上歴代最多記録を立している。

 そんな稀代のゴールマシンとモドリッチは、近年のレアル攻撃の中核を担う強なホットラインを形成してきた。ロナウドの退団は、“10番”を背負うにも大きな影を与える移籍劇になったのかもしれない。


Football ZONE web編集部)

モドリッチは、クリスティアーノ・ロナウドのユベントス移籍に悲痛な思いを明かしている【写真:Getty Images】