Amazon.co.jpは7月14日、プライムデーに関する記者発表会を開催しました。2018年のプライムデーは、7月16日正午から7月17日23時59分まで。

プライムデーに合わせて、Amazon.co.jpは東京・羽田空港と大阪・阪急梅田駅で、プライムデーに登場する目玉製品を見て、体験できる特別イベントを実施します。期間は7月14日から7月16日(阪急梅田駅は7月15日、16日の2日間)、各日11時から19時までです。今回は、羽田空港国内線ターミナルで実施されるプライムデー体験イベントをいち早くレポートします。

Amazonのプライムデーも今回で4回目。今回のプライムデーでは、昨年(2017年)の倍以上の製品が用意され、実施時間も36時間と、昨年(2017年)より6時間長くなりました。2018年3月に一般販売を開始したスマートスピーカー「Amazon Echo」も、はじめてプライムデーに登場します。羽田空港の国内線ターミナル1階では、プライムデーの目玉製品を展示してありました。

羽田空港国内線ターミナル5階では、プライムデーに登場するさまざまな製品を体験できるブースが用意されています。電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」や、7月24日に発売するSNKのゲーム機「NEOGEO mini(ネオジオ ミニ)」を触って、遊ぶことができました。

このほかプライムデーで登場予定の製品も、追加発表されました。今回予告されたのは、ダイソンのコードレス掃除機「V8 Absolute Extra」やMicrosoftのWindowsタブレットPC「Surface Pro」とSurfaceペン、タイプカバーのセット、パナソニックの43V型4Kテレビ「VIERA」、JVCのハイレゾ対応イヤホン「HA-FX-1100」など。

プライムデーでは、カスタマーレビューが4以上の製品を割り引き価格で買える「特選タイムセール」や、数量限定で5分ごとにさまざまな製品を特別価格で購入できる「数量限定タイムセール」などが実施されます。欲しい製品が決まっているなら、事前にチェックしておくといいかもしれません。

発表会には、『バチェラー・ジャパン』のシーズン2に出演した小柳津林太郎さん、倉田茉美さんが登壇。壮絶な女性の戦いを制した倉田さんは交際について聞かれると、「順調です!」とはにかんでいました。幸せそうでなにより。同時に『バチェラー・ジャパン』シーズン3の制作も発表。これから一般人の参加者を募集するそうです。
(瀬尾俊輔)

画像提供:マイナビニュース