本人絶叫、実況席拍手、飛ぶプーさん…「270秒の奇跡」をノーカット収録

 平昌五輪のフィギュアスケート男子で66年ぶりの連覇を達成した羽生結弦(ANA)。その快挙が評価され、個人史上最年少で国民栄誉賞を受賞したことは記憶に新しいが、五輪専門サイトは伝説を打ち立てた平昌五輪フリーの演技を公開。「金メダル演技を愛さずにはいられましょうか?」と題し、ノーカットで収録している。

 IOCが運営する五輪専門サイト「オリンピックチャンネル」ポルトガル版公式ツイッターが公開したのは、1本の動画。2018年2月17日、羽生がオリンピック史に伝説を刻んだ平昌五輪フリーの演技だった。

 大歓声に迎えられ、リンクに舞い降りた羽生。静かにスタート位置につき、瞳を閉じると「SEIMEI」に合わせ、決戦の演技に出た。ピンと張り詰めた空気の中、4回転サルコーを見事に着氷。一気に観衆を惹き込み、続く4回転トーループを完璧に決めた。後半も4回転サルコー―3回転トーループの連続ジャンプを成功。最後の3回転ルッツは痛めていたはずの右足で必死に耐えた。

 結末は分かっていても、一本一本のジャンプに興奮が甦り、手に汗を握る迫真の名演だ。代名詞の決めポーズで演じ切ると、一気に大歓声が降り注ぎ、実況席も思わず拍手を送る音が音声に入った。羽生も感情を抑えきれずに絶叫した。なんとか耐え抜いてくれた右足に感謝を込めて支え、その周りには無数のくまのプーさんが舞い降り、一瞬にして銀盤を黄色く染めた。

今見ても甦る感動と興奮「この演技、愛さずにいられる?」

 さらに演技のVTRが流れ、キスアンドクライでの場面も収録。緊迫感が漂う中、「206.17」のスコアが表示されると羽生は両手で渾身のガッツポーズ。勝利を確信したコーチとがっちりと握手を交わし、カメラに向かって笑顔で頭を下げるところで9分13秒の映像は終わっている。

 投稿では「羽生と彼の平昌五輪での金メダル演技を愛さずにはいられましょうか? TBT(過去に起きた出来事を木曜日に振り返る企画)に皆を笑顔にできましたか?」とつづり、いかに羽生の演技が人々に幸せと笑みをもたらすものであるかを敬意をもってつづっている。

 この演技により、66年ぶりに連覇を達成。最後の達成者ディック・バトン氏も「ブラボー、羽生。記録は破られるためにある」と最大級の賛辞を送り、世界から称賛を浴びていたが、再び興奮が甦ってくるようだった。いつ見ても感動できる、それが羽生結弦の凄さかもしれない。(THE ANSWER編集部)

羽生結弦【写真:Getty Images】