にも2ラン許し、古巣西武後輩2人に手痛い本塁打を浴びる

 中日松坂大輔投手が12年ぶりにオールスターのマウンドに帰ってきた。13日、京セラドームで行われた「マイナビオールスターゲーム2018」第1戦で先発。「平成の怪物」が西武時代の2006年以来となる「平成最後の球宴」のマウンドに立った。

 先頭の西武秋山へ投じた注の初球は134キロのっ直ぐでボール。1ボール1ストライクからの3球136キロで空振りを奪ったが、フルカウントからの9球、内低めのカットボールを捉えられて右翼スタンドへと運ばれ、先頭打者本塁打を被弾した。続く昨季までチームメートだったソフトバンク柳田カットボール空振三振に奪うと、横浜高校後輩である日本ハム近藤には中前安打日本ハム中田ボールが抜けて死球を与えた。

 オリックス吉田正には中前へと運ばれる適時打を許し、2点を奪われた。西武後輩となる浅村は右飛に打ち取って2死としたが、こちらも西武後輩となるには右翼ポールスタンドへ弾丸ライナーで飛び込む3ラン。岡本を打ち取って3アウトを取ったが、初回に5点を失った。

 6月17日西武戦(メットライフD)で背中の軽い捻挫で登板を回避。オールスターが、それ以来の実戦復帰のマウンドとなった。ソフトバンクを退団し、中日に入団した今季、ここまで7試合に先発して3勝3敗、防御率2.41の成績をマークしている坂。ファン投票セ・リーグ投手部門1位き、9度オールスター選出となった。(Full-Count編集部)

初回のパ・リーグ打線の結果一覧