西日本を襲った記録的な豪雨は、大雨特別警報が発表されてから13日で1週間となった。日本有数のミカン生産地・愛媛県宇和島市吉田町地区のミカンの木々も大きな被害を受けた。苗木を植えたとしても収穫できるようになるまでは少なくとも5~7年かかり、農家らは「ミカン作りを続けていけるかどうか」と嘆く。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

土砂崩れで山肌が見えるミカン畑を無念そうに見つめる森本啓介さん=愛媛県宇和島市吉田町で2018年7月11日午後6時9分、花澤葵撮影