ニュースキュレーションアプリ提供する「Gunosy(グノシー)」が事業領域を拡大し、ニュースへの依存低下をす。

同社は2018年7月12日、通期決算(2017年6月2018年5月)を発表。また東京都内で開いた事業戦略説明会で、「ブロックチェーン」「投資」事業への参入を明言した。

急成長も「暗雲」

情報世界中の人に最適に届ける」を企業理念とする同社は、AI人工知能)を用いた情報配信や広告テクノロジーを武器に、これまで「ニュース」「広告」の2本を事業の柱としていた。

2011年ニュースキュレーションサービス「グノシー」を配信し、15年12月にはゲーム総合情報サイトgame8」を運営する「ゲームエイト」を子会社化。16年1月にはKDDIメディア事業における業務提携を結び、16年6月ニュースアプリニュースパス」を、175月には女性向けニュースアプリLUCRA(ルクラ)」を共創した。

広告事業は、業界でいちく「(ニュース間に表示される)インフィード広告」や「動画広告」に乗り出すなど商品ラインアップ定評がある。18年7月には動画広告の販売に特化した新会社「VIDPOOL(ビッドプール)」をサイバーエージェントと設立した。

創業から約2年半で東マザーズに上場し、1712月には東1部に市場変更。急成長を遂げてきたグノシー社だが、18年5月期の決算は芳しくなかった。売上高は前期44.7増の112億円としたが、純利益は5億円(前期55.5減)と大きく落ち込んだ。

同社は、

「『ニュースパス』および『LUCRA』におけるアクティブユーザー数が順調な積み上がりをみせたものの、『グノシー』の新規獲得ユーザー継続率が想定を下回ったため、Gunosy Ads広告商品)に係る売上高も想定を下回った」

と分析する。

ブロックチェーンは「インターネット以来の革命」

ノシーにに一度でも訪れたことのある「アクティブユーザー」の数は、16年6月ごろから横ばい、もしくは微減が続く。

この数字について、代表取締役COO(最高執行責任者)の哉氏はこう見る。

「かなりタイミングニュースアプリに参入し、広告費も6年間絶やすことはなかったが、今こういう状態。ニュースアプリ市場としては、他社さんの数字を見てもここからさらにマーケットが拡大していくというのは極めて考えにくい」

そこで、メディア企業から「総合インターネット企業」への転身をし、新規事業である「ブロックチェーン」と「投資」事業への参入を発表した。

ブロックチェーンとは、情報をさまざまなネットワークに分散・記録するデータベースのようなものをし、仮想通貨取引などに用いられる。

ノシーの創業者で代表取締役CEO(最高経営責任者)の福島良典氏は、ブロックチェーンの技術を「インターネット以来の革命」と位置付け、同事業を行なう新会社「LayerXレイヤーエックス)」の設立を決意。決済アプリを手掛けるAnyPay(エニーペイ)社との共同出資で、福島氏が代表取締役に就く。グノシー社では取締役に退き、氏がCEOに就任する計画だ。

事業内容はブロックチェーンに関するコンサルティングや、仮想通貨を使った資調達(ICO)の支援など。グノシー社は機械学習で培った技術を生かし、ブロックチェーンの研究にを入れていた。

投資事業では、9月シンガポールで投資会社を設立予定。ブロックチェーンAIシェアリングエコノミー分野を中心に投資していくという。

ニュースもテコ入れ、ビジョン策定

一方で、「メディア事業3か年ビジョン」を掲げ、「基幹事業」のテコ入れも進める。

方策はに2点ある。1点は、新規ニュースメディアの立ち上げだ。(1)内製(2)他社との協業(3)M&A(合併・買収)(4)グノシーのカテゴリ政治スポーツなど)から切り出し――のいずれかの方法での展開をす。

(4)に関しては、「一つのアプリにいろんな要素を詰め込みすぎると、使いづらいというユーザーが多い」(氏)との問題意識もある。18年5月期第2四半期決算資料では「『複数機/単一アプリ』から『単一機/複数アプリ』」への戦略転換を発表していた。

2点は、グノシアプリの非ニュース分野の拡充だ。ライブ動画クーポンマンガなどニュース以外の要素も盛り込み、「ニュースだけでは使ってもらえなかった層に対しアプローチしていきたい」(氏)

ノシー社は来期の決算見通しを、売上高139億円、純利益16億円と増収増益を見込む。ヤフーニュースやスマートニュースLINENEWSNewsPicksなど競合ひしめく市場で、新たな成長戦略は功を奏するか。<J-CASTトレンド>

グノシー社およびゲームエイト社の公式サイトより