労組日本プロ野球選手会(炭谷銀仁朗会長=西武)と12球団の選手会は13日、西日本豪雨の義援金として1200万円を被災地に寄付すると発表した。同日行われた臨時大会で決議し、各球団の選手会ごとに100万円の寄付を決めた。炭谷会長は「プロ野球界の一員として、選手とともに行動していきたい」とコメントした。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら