「こんな裏口入学は、これまで聞いたことがありません」

 ある大学職員は、そう語る。

 7月4日、東京地検特捜部は、文部科学省の「私立大学研究ブランディング事業」で東京医科大学に便宜を図る見返りに、同大に自分の息子を合格させてもらったとして、同省科学技術・学術政策局長の佐野太容疑者を受託収賄容疑で逮捕した。また同大の臼井正彦理事長(77)が関与していたとされ、理事長を辞任した。

「裏口入学といえば、寄附金などの名目で保護者が金を積んで子どもを入学させてもらうことで、かつてはこれが当たり前に横行していた時代もありました。今はもう、寄附金という名目でというのはアウトになりました。寄附金はボランティアで、完全に見返りなしで行うものになっています。今はもう裏口入学というのは闇の世界に入っていて、理事長や学長をよく知っているブローカーが、『5000万円寄附したいって言ってる人がいるんだけど、ついては子どもを入学させてくれないか』と話を持ちかけるわけですね。その裏金とは別に、ブローカーはお金をもらい、理事長や学長にも謝金が流れる可能性があります」(前出・大学職員)

 今回のケースは、大学の研究を支援する事業に選定することが、子どもの入学の見返りになっている。文科省の官僚が大学などに便宜を図って、本人もしくは親族、知人が利益供与を受けることは、よくあることなのだろうか。

「発覚しない限り、わかりませんからね。確かに氷山の一角かもしれないですけど、普通に考えたらないんじゃないですか。ブランディング事業の選定にかかわっていたにしても、局長が理事長と会う機会はないと思います。逮捕された谷口というブローカーが口を利いたから成立した話で、レアケースだと思いますよ」(同)

 佐野前局長と臼井前理事長を仲介したとして、元医療コンサルティング会社役員の谷口浩司が受託収賄ほう助容疑で逮捕されている。

「ブランディング事業というのは3000万円で5年ということで、1億5000万円になるわけです。これは研究用だけではなくて、わりと自由に使えるお金です。それだけではなく、うちの研究が文科省に認められたということで、大学のイメージアップにつながるし、教員たちのモチベーションも上がりますよね。5年たてば別の事業が出てくるかもしれないので、局長と親しくしてれば、それも通ると思うわけじゃないですか。それ以外でも、文科省にお伺いを立てなければいけない場面も結構あるので、息子を人質に取っているようなもので、局長はPTAになるわけで、理事長としたら“打ち出の小槌”でも手に入れた気分だったのではないですか」(大学関係者)

●東京医科大学の受験生は減らない?

 しかし、裏口入学は発覚した。これによる東京医科大学のダメージはいかほどのものなのだろうか。

「信頼を失うことは間違いないですね。医学部は今人気が高いし、そもそも難しいから現役で入る人は少なくて、浪人生が多い。東京医科大学の入学者も3分の2は浪人生です。3浪以上している人も少なくない。今、他の学部では現役合格を好む受験生が増えていますが、医学部では大量に浪人生が発生しています。皆、それくらい苦労して入学しているわけですから、コネを使ってズルして入った奴がいるなんて許せないでしょう。佐野容疑者の息子も1浪みたいですけど、結局は裏口入学だったので、ちゃんと勉強していたのかどうか怪しいですよね。

 医学部というのは学費も高くて、6年間で3000万円くらいかかるんですよ。普通の会社員に、年500万円なんて払えないですよね。私大にはお金がなくて行けなくて、必死に国公立の医大を目指している受験生も多い。そういう若者たちは、国公立を落ちたら医師になるのを断念しなくちゃいけないわけです。文部官僚というのはすごい金持ちなんだな、金と権力を持った奴らが得する世の中だということで、二重に恨みを買うのではないですか。

 ただ、これで東京医科大学の受験生が減るかというと、そうはならないと思います。とにかく医学部の人気は高いですから、イメージダウンしているからチャンスだと思って、目指す受験生もいるでしょう」(同)

●佐野容疑者のしたことは、相当腹黒い

 佐野前局長の息子は今後、恥を背負って生きていくことになるが、裏口入学が発覚しなかったら、どうだったのだろうか。

「医学部に入っても、医師国家試験に合格しなければ医師にはなれません。東京医科大学では合格者は96%くらいですごく高いですが、ちゃんと合格して入学した人でも受からない人がいるということです。裏口入学した彼は、ある程度の学力はあってそれを嵩上げしたらしいですけど、入学の水準にも達していないのに、国家試験に合格できるのかというのは、はなはだ疑問ですね」(別の大学関係者)

 不祥事が発覚して、東京医科大学が選定された私立大学研究ブランディング事業は取り消されることはないのだろうか。

「おそらく、取り消されることはないと思います。研究そのものはしっかりしたものだったんです。ブランディング事業の選定は勝ち抜き戦みたいなかたちになっていて、選ばれたところは降りていきますから、研究の成果からいって、東京医科大学は選ばれておかしくない時期だったんです。佐野前局長は申請の仕方を指南したと言われていますが、研究そのものにかかわっていたわけじゃないですから」(同)

 踏み込んだ見方をすれば、裏口入学などさせなくても、東京医科大学はブランディング事業に選ばれていた可能性が高い。合格水準にある受験生の保護者から、不安をかき立ててブローカーが金を巻き上げるという、裏口入学詐欺がある。実力で入学したのに、裏金によって入学できたと思わされるのだ。立場が逆転しているだけで、佐野前局長のしたことは、それを思わせる腹黒さだ。
(文=深笛義也/ライター)

文部科学省科学技術・学術政策局長だった佐野太容疑者(写真:読売新聞/アフロ)