AKB48立ち上げ時から衣装を担当してきた茅野しのぶさんはメンバーからの信頼が厚く、AKB48グループ総支配人やAKB48劇場支配人も経験してきた。現在AKB48グループ衣装責任者及びオサレカンパニー衣装クリエティブ・ディレクターとして衣装仕事に専念する。その彼女7月11日深夜放送のバラエティ番組『ナカイの窓』(日本テレビ系)に出演した。

今回は「ナカイの窓×ファッション」をテーマにSPゲストとして伊勢谷友介ファッションプロとして茅野しのぶさんの他に大瀧彩乃(スタイリスト)滝沢カレン(モデル)滝沢直己(デザイナー)、ミーシャ・ジャネットファッションジャーナリスト)をゲストに迎えた。

メインCM中居正広ゲストMC千原ジュニアとともにトークを進行するが、バラエティだけにファッションの話題ばかりというわけにはいかない。

中居が茅野さんのルックスから「秋元康さんに寄せてるでしょ?」としつこくいじるので、彼女も「すでにえてるかもしれません」と乗ってくる。さらに「仕事をしない彼氏がいる」といった告白も飛び出した。

そんななかでしっかりAKB48グループ衣装についても話を引き出している。前田敦子センターを務めた『言い訳Maybe』(2009年8月)の「制服」をイメージした衣装ファンに好評で、逆に『フライングゲット』(2011年8月)のきらびやかな衣装は不評だったという。

また「指原莉乃が1位にならなければ『恋するフォーチュンクッキー』の衣装は生まれなかった。それまでと違ったものにしようと秋元さんの意見を参考にタイイメージした」「メンバーがそれぞれに衣装への注文を言ってくるので“聖徳太子”みたいに一斉にを聞くような状況もある」などの趣旨を話してくれた。

彼女は放送後に『しのぶトーク 755』でフォロワーからの「短い時間の中に点しのぶちゃんの魅衣装部の素らしさがちゃんと伝わっていたよ」というコメントする形で、「中居さんがやっぱ本当凄いよね」と番組を振り返っている。

ジュニアさんもだけど。ちゃんと回しつつ、素人の私とかの話を広げてくれて。お2人のおかげですね」と絶賛しており、進行の素らしさを実感したようだ。

画像は『しのぶトーク 2018年7月7日755』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト