異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』で主人公を演じる若手声優水中雅章さんの連載「より強いに会ってみる」。毎回水中さんが尊敬する先輩方をゲストに迎え、アニメの魅についてトークしながら、仕事の極意などを教わります。作中ではネトゲ界の最強プレイヤーディアヴロを演じる水中さん。この連載を通し、声優としてのレベルを上げることができるのか!? 第三回のゲストは、前回に続き、7月13日()放送開始のアニメぐらんぶる」に出演する安元洋貴さんです!

TVアニメ「ぐらんぶる」は7月13日から放送開始

水中:『ぐらんぶる』のアフレコはどんな感じですか?

安元:どちゃくそのギャグアニメだから、みんなすぐ笑うし、うるさい(笑)アフレコが終わった後はみんなボロボロ(笑)

水中(笑)女性キャラクターもいますけど、コンパとか、男同士の野球拳とか、男子校のようなノリですよね。

安元:女の子たちは置いてきぼり(笑)。男ってバカだから、ああいうのが楽しい間ってあるんですよ。は中高6年間、男子校という名のにいたから、この童貞感が懐かしいな〜と。現場のテンションもヘンに高いんだよね。あの頃のテンションに戻ろうとするから。なんか、「若い役だぞー」って、一生懸命自分を鼓舞してるもん(笑)アフレコでは、そんな中で生まれた独特なグルーヴ感があると思う。

水中:このキャストのみなさんならではのグルーヴ感ですか。

安元:そう。ギャグものって実はとっても難しいんだけど、(内田)雄が座長としてとてもうまく回してくれてる。雄が演じる伊織と、(木村)良が演じる耕ん中に立ってるんだけど、良が雄の球をうまく受け止めることで、雄がやりたいようにできている感じもあって。良は“”がいいんだと思う。で、その2人を軸にしてアクセントをつけていくのが小西(幸)さん。向こうより火力を出さないといけない時はドカンとやるし、思いっきり突き抜けたギャグをやってる時はこちらが引くし。何度もやると鮮度も落ちるから基本的には一撃必殺(笑)

水中:いえ、すごく楽しそうです(笑)

安元:原作を読んだ時から、これは大変な収録になるぞと思ってはいたんだけどね。ずっと叫んでるような役だってわかってたから。でも実際にやってみたら非常に面い。

水中:その勢いで、アフレコ後にみなさんで出かけるようなことも?

安元:ありますよ。男子校ノリのまま。女性がいても気にしない。ここで言えないことばっかりしゃべってます(笑)

水中:今ちょっと忘れそうになっていましたが(笑)ダイビングコンセプトアニメですよね。安元さんも、他のみなさんとダイビング体験をされたとか。

安元:とっても楽しかったですよ。もいたし、アジみたいなのもいたし、ウミウシもいたし。なんで今までやらなかったんだろう、って思うくらい。今からライセンス取ろうって本気で思っています。アニメにも、ダイビングしてるいい感じのシーンがちゃんと出てくるから。といっても、8割は筋肉質の男の裸だけど。残りの2割が(笑)

水中:割合がちょっとおかしいです(笑)。でもやっぱり青春な感じがあっていいですよね。気になるキャラクターはいますか?

安元:う〜ん、かなぁ。女の子はみんな可愛いですよ。男のキャラだと耕が好きですね。かっこいいのに、ちょっとずれてるから。そのズレに気づいてなくて、一生懸命に生きてる感じがいいなと思う。このアニメって、とことん振り切ったギャグもあるけど、実は人物描写が丁寧で。メリハリがあるから、見ていて爽快感があると思いますよ。

水中エンディングテーマを歌うユニット伊豆も気になります。キャスト4人で歌われたんですよね。

安元:とにかくぶっ壊してくれっていうオーダーを受けたので、じゃあやるしかないなと。「こういう合いの手を入れませんか」ってどんどんアイデアを出して、すっごく頑りました。別途料振り込んで欲しいくらい(笑)

水中:ぶっ壊し料(笑)

安元:最初に言われたことの倍くらいはやったかな。そのほうが面くなりそうだったから。それはそれで楽しかったよ。でも、仕上がりを聴いたら、聴かなきゃよかったって思った(笑)。あれがテレビで流れると思うと…相当いかれてるな〜。

水中:よっぽど突き抜けた曲なんですね(笑)はまだキャラソンの経験がないんです。

安元:きっと近いうちにやるよ。でもまた、めっちゃ練習するんだろうなぁ(笑)キャラソンを歌うときは、そのキャラクターで歌う事を大事にしてますね。アーティストの方々が出す作品とは少し違う所にあると思ってます。

水中:最後になりますが、『ぐらんぶるファンメッセージをお願いします!

安元:とにかく思った通りのめちゃくちゃな作品ですので、頭をっぽにしてみてください。じゃないと、SAN値が奪われます。

水中:安元さん、ありがとうございました(笑)。新アニメぐらんぶる』と『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』をよろしくお願いします!

■ ここからは、放送開始記念として、「異世界」について水中さんに見どころなどをお聞きしたのでお届けします。

――いよいよ「異世界」が放送されましが、ディアヴロという役を演じてみての感想をお聞かせ下さい。

水中:いわゆる異世界モノで、本当の自分とゲームの中の魔王の切り替えが面い役です。見てくださる方が親近感を持ってくれることが1つの課題でして。でも、やっぱりギャグは難しいですね。面くしようとしたらギャグじゃなくなりますし。女性キャラに接するときの照れみたいなところもギャグとして見てもらえるように、自然体で演じるようにしてます。

――異世界に行ってみたいですか?

水中:行けるものなら、自分も行ってみたいですね(笑)ディアヴロくらい強い状態で行って、威ってみたいです(笑)。やっぱり男としては一度強くなってみたいっていう憧れはあると思います。そこに美女がいてくれたら…それを嫌がる男子はいないんじゃないでしょうか(笑)

――「ぐらぶる」のアフレコ現場は賑やかそうですが、「異世界」はいかがですか?

水中:周りの女性とちゃんと話せているつもりでいたら、そうでもないことがこの前わかりまして…(笑)。全然気づいてなかったのですが、は現場に入ってからも台本を読んでいる時間が長いみたいで(笑)。でも仲はいいと思います。

――水中さん的な「異世界」の見どころを教えてください。

水中:とにかく可愛いキャラクターが次々と登場する作品ですので、そこに注してほしいです。サービスシーンも…楽しいです(笑)アニメーション女性キャラにああいうことをするのは初めてで。どうしよっかなー、どこまでやっていいのかなーと思いながら…(笑)。(WebNewtype・【取材・文:吉田有希】)

左から、「ぐらんぶる」の時田信治を演じる安元洋貴さんと、「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」のディアヴロを演じる水中雅章さん