W杯の結果が大きく反映…日本から酒井、長友、柴崎、乾、香川、大迫の6人

 ロシア・ワールドカップ(W杯)も残すところは3位決定戦と決勝戦の2試合のみとなった。今大会、アジア勢は韓国がドイツに勝利するなど健闘を見せたが、決勝トーナメントに進出したのは5カ国のうち日本のみだった。衛星放送局「FOXスポーツ」では、アジア人選手だけに絞ったベストイレブンを選出。日本からMF香川真司(ドルトムント)やMF柴崎岳(ヘタフェ)など最多6選手が選ばれた。

 今大会でアジア勢は日本、韓国、イラン、サウジアラビア、オーストラリアが出場。グループリーグを勝ち上がった日本は決勝トーナメント1回戦でベルギーに2-3と敗れたが、下馬評を覆しての16強進出。MF乾貴士(ベティス)や柴崎ら個々の活躍は海外メディアにも称賛された。

 韓国はドイツ相手に金星を挙げるも、死の組と言われたグループF(メキシコ、スウェーデン)で敗退。グループA(ロシア、エジプト、ウルグアイ)のサウジアラビア、グループB(ポルトガル、スペイン、モロッコ)のイランもそれぞれ1勝を挙げたものの、グループ3位で決勝トーナメント行きは叶わず。グループC(フランス、ペルー、デンマーク)のオーストラリアは1分2敗で白星なく敗退した。

 こうした結果がベストイレブンの選出にも大きく反映された形となった。躍進した日本からは右サイドバックのDF酒井宏樹(マルセイユ)と左サイドバックのDF長友佑都(ガラタサライ)、中盤でタクトを揮った柴崎、2得点を挙げた乾、10番を背負って躍動した香川、そしてコロンビア戦で決勝点をマークしたFW大迫勇也(ブレーメン)と6人が選出された。


「長短のパスで日本の選手を輝かせた」「ブレイクアウトスター」と高い評価

 記事では各選手について記しており、酒井を「高質のクロスと規則正しい上下動、素晴らしいタックルを見せた」と称賛した一方、長友については「数多くのチャンスを作り、守備でも素晴らしい働きを披露した」と言及。また中盤でタクトを振るった柴崎に関しては「守備するのが難しい深部のプレーメーカーで、際立った長短のパスで日本の選手たちを輝かせた」と称えている。

「30歳のブレイクアウトスター」と評されたのが乾で「全体を通して傑出したパフォーマンスだった」と絶賛。トップ下の香川は「創造的な脅威を与え続けた」と触れた一方、大迫は「彼の能力で中盤と連係し、チャンスを創り出した」と高い評価を与えている。

 ベストイレブンのフォーメーションも躍進した日本を模倣した4-2-3-1で構成されている。

 その他には、韓国から守護神GKチョ・ヒョヌ(大邱FC)とエースのFWソン・フンミン(トットナム)が選出された。ともにドイツ戦勝利の立役者となった。

 未勝利に終わったオーストラリアからは元ジェフ千葉のDFマーク・ミリガン(アル・アハリ・ジッダ)が選出。そして、イランからはセンターバックのDFモルテザ・プーラリガンジ(アルサッド)とMFオミド・エブラヒミ(エステグラル→アル・アハリ)の2人が名を連ね、サウジアラビアからは選出ゼロとなった。


(Football ZONE web編集部)

「FOXスポーツ」選定、ロシアW杯アジア人選手ベストイレブン【画像:Football ZONE web】