モデルで歌手のchayが13日、東京・赤坂のマイナビBLITZ赤坂で、同日開催「chay 5th Anniversary Live ~Surprise Box~」の19時開演の直前、囲み取材に応じた。

今回のライブは、“5感で楽しむ”をテーマに、「視覚:JILLSTUARTコラボレーション衣装」「聴覚:ファン投票によるセットリスト」「嗅覚:会場とグッズによる香り演出」「味覚:会場限定chayコラボレーションドリンク」「触覚:メルマガ会員(登録無料)chay's roommate限定お見送りハイタッチ」といった、5感を刺激する演出を用意。19日には、大阪・心斎橋BIGCATで開催する。

幼い頃から歌手に憧れ、2012年10月に「はじめての気持ち」でCDデビュー。chayはデビューからこれまでの道のりを、「まだ5年ではあるんですけど、本当にいろんなことがありました。短いようで長かったような、不思議な感覚。お仕事だけじゃなく、いろんな面でも濃厚な時間でした」と感慨深げに振り返った。

6月29日にリリースした配信限定シングル「ずっときっと叶う」は、今回のライブのために用意した楽曲。「今まで支えてくださったみなさんへの感謝の気持ち」を曲で伝えるために作詞・作曲したという。先述の趣向を凝らしたライブ演出も、いつも支えてくれるファンを楽しませたいという一心で考えたものだ。

そんなchayにとって、5年前の自分に送る言葉とは。記者から出されたお題に、「デビュー前にギター1本で路上ライブをして、夜な夜ないろんなところを回っていたんですけど、その時、誰も足を止めてくれなくて悔しくて泣いて帰ったこともありました」と苦い記憶を思い起こし、「その時の自分に対しても、あの時に一歩踏み出してくれたこと、5年間ではありますけどいろんなことがあってもあきらめないでいてくれたことに『ありがとう』と言ってあげたい」。

夢は「10周年、20周、30周年と歌い続けること」。2012年のデビュー後、2013年10月からフジテレビ系『テラスハウス』のメンバーとなって知名度を上げ、2014年5月からは女性ファッション誌『CanCam』専属モデルとしても活動してきたが、「今まで5年間作ってきた楽曲は、その時でしか書けなかった言葉」と語るchay。「年齢を重ねていくごと、その年齢でしか書けない言葉はずっと大切にしていきたい」と笑顔を見せていた。

画像提供:マイナビニュース