九州学院が姿を消した熊本は、文徳、済々黌もすでに敗退

 第100回全国高等学校野球選手権大会は、全各地で続々と県大会が開幕している。100回の記念大会ということで千葉神奈川埼玉愛知大阪兵庫福岡が二分され、史上最多の56校が甲子園に進むこととなっている。

 すでに大半の都道府県で県大会の熱戦が始まっている一方で、宮城岐阜福井奈良鳥取島根高知はまだ開幕を迎えていない。各校が甲子園出場をし熱い戦いを繰り広げる中で、各地で有校が々と敗退する波乱も起きている。

 13日には北埼玉大会で夏の甲子園5回出場を誇る春日部共栄に4-6で敗れて2回戦で敗退。熊本大会ではの県大会で準優勝だった夏の甲子園8回出場の九州学院が、東海大に0-4で完封負け。2回戦で初戦敗退となった。熊本では前日には季県大会優勝の文徳が初戦敗退、大会初日の4日には夏の甲子園7回出場の済々黌が涙を飲んでおり、強が次々に姿を消す波乱となっている。

 このほかにも北福岡大会では今の選抜に出場していた東や、九州大会で優勝していた九州際大付が敗退するなど、各地で波乱が起きている。以下はすでに敗退が決まったな各都道府県の有校。

岩手
専大北上5回、季県大会準優勝)
2回戦(初戦)敗退

栃木
学院栃木1回、今選抜出場)
2回戦敗退

千葉
東海大浦安2回)
1回戦敗退

○北神奈川
法政二(9回)
2回戦(初戦)敗退

○北埼玉
春日部共栄5回)
2回戦(初戦)敗退

新潟
新潟明訓(7回)
1回戦敗退

○西兵庫
東洋大姫路12回)
1回戦敗退

香川
学園(11回)
1回戦敗退

○北福岡
九州際大付(7回、九州大会優勝)
2回戦敗退
6回、今選抜、昨選手権出場)
2回戦(初戦)敗退

○南福岡
西日本短大付(5回)
3回戦敗退
福岡大城東(2回)
2回戦(初戦)敗退

熊本
済々黌(7回)
1回戦敗退
文徳(2回、昨・今県大会優勝)
2回戦(初戦)敗退
九州学院(8回、昨・今県大会準優勝)
2回戦(初戦)敗退

長崎
清峰(3回)
2回戦敗退

宮崎
延岡学園(7回)
2回戦(初戦)敗退

沖縄
宜野座(1回)
2回戦(初戦)敗退
添商(4回)
2回戦(初戦)敗退(Full-Count編集部)

第100回全国高等学校野球選手権大会は、全国各地で続々と県大会が開幕