折により登録抹消中も、出場辞退なら10試合出場停止に

マイナビオールスターゲーム2018」第1戦が13日、京セラドームで行われ、右腓折で登録を抹消されている阪神糸井嘉男外野手代打で強行出場した。

 6回2死一塁でバレンティンに代わって打席に立った糸井。日本ハムの宮西と対戦し、1ストライクからの2球を打って二飛に倒れた。まだ故障が治していない糸井。退後にベンチへ下がる際も足を引きずるようにしていた。

 オールスターに選出されながら、出場を辞退すると、球宴終了後から10試合出場停止のペナルティーが課されることになっている。(Full-Count編集部)