連続テレビ小説「半分、い。」(NHK 総合 〜土 8時〜、BSプレミアム 〜土 あさ7時30分〜)
第15週「すがりたい!」第88回 7月12日(木)放送より。 
脚本:北川悦吏子 演出:橋爪紳一朗

88話はこんな話
出会って6日、ロミオとジュリエットより一日多いが、鈴愛永野芽郁)は次(間宮祥太朗)と結婚することにした。

いっそ結婚しませんか
のなかで踊って上がっちゃったテンションの勢いでか「いっそ結婚しませんか」とプロポーズする次。
出た、「いっそ」。
「半分、い。」の世界では、一時期の「ぶっちゃけ」みたいに人気ドラマ人気俳優が「いっそ」を使って以来、気軽に使う人が続出しているというような設定でもあるのだろうか。
それとも、次が「いっそ」を使うと、鈴愛佐藤健)を思い出し、ついついプロポーズを「了解致した」しちゃったのか。

あとでわかるが、鈴愛は4年に一度くらいのチャンスを逃してはいけないと思ったようだ。
小・中・高・大・就職というような人生計画的にそろそろ結婚出産をしたかった。
そこへ次が現れたのだから、もう手放せない。

ただの甘いだけの
の中で踊った鈴愛次は“”が基調の装だった。“”ではなく、“”。色でもなく、“”。
鈴愛次は新たなのフェイズにいる・・・と思ったら、鈴愛次の印は「く透き通るような」。やっぱり“”だ。

結婚すると鈴愛から報告されたユーコ清野菜名)とボクテ(志尊)。ボクテは「ただの甘いだけの男ね」とばっさり。
鈴愛次の顔のことばかりり、その次はのなか踊ったせいで風邪を引いて寝込んでいた。一方鈴愛は全然丈夫。先が思いやられる感が漂い、それはどんどん濃厚になっていく。
結婚ってお金が要るんですか?」などとすっとぼけている次。
東海のほうは手だっていうぞ結婚式」と元住吉(斎藤工)は心配する。
鈴愛が「ソーダ」に次を例えれば、次は鈴愛を「弾むボールみたい」「弾むのが尽きない」と例える。  
顔はいいが話題が面くなく女性にモテないらしい次だったが鈴愛といるとうまく話せるらしく、なんだかふわふわしているふたりはどことなく波長が合うのだろう。

あの映画やばくない
元住吉もたいがいふわふわしている感じである。
次の話を聞いている元住吉は、看病しているようで、おかゆりんごのコンポートも引いてる次に作らせもぐもぐ食べているだけ。
おかゆすらうまい」「悪いね結局作らせちゃって」などとなんとも調子がいい。
彼の一のヒット作「追悼かたつむり」の続編をつくりながら、パート2は「パンチなくなるよね」とか言っている。
次は必死で励ますが、その台詞は余韻もなく残に次のシーンに切り替わってしまう。
次のシーンでは、ボクテとユーコパート1を見ているが、あまり評価していないことが伝わってくる。
ユーコの「あの映画やばくない」の「やばい」はいい意味ではない。
ボクテとユーコは、カルチャーにそれなりに興味があって賞をとって話題の映画を見ているのに、鈴愛は全く知らない。せっかく東京に出て来て、カルチャー、サブカルチャーのシャワーをまったく浴びないとはなんともったいなかったことよ。

愛し殺される
あっという間に、結婚の話が三おばキムラ緑子麻生未、須藤)にも伝わっている。
親がいなくて“涯孤独”だった次を引き取り、三人で「愛し殺す」勢いで育てたらしい。
そのに耐えられず、次は元住吉のところに転がり込んだ。
鈴愛次にいだら、どうなるんだろう。
電話結婚すると聞いた泰子)も大仰。ドタバタコメディの様相を呈して来た。

斎藤工間宮祥太朗ののんきな会話は楽しめた。ふたりが共演していた「BG 〜身辺警護人〜」DVD9月発売。
(木俣

「BG 〜身辺警護人〜 」DVD-BOX TCエンタテインメント