知英が演を務める映画『殺る女』(10月27日開)が、第22回プチョンファンタスティック映画ワールドファンタスティックレッド部門に正式出品され、13日に世界最速上映。上映後に演の知英、駿太郎ジョーマラン、宮野ケイジ監督が舞台挨拶及びティーチインを行った。

 『殺る女』は、幼い頃に家族の命を奪われた女・愛子殺し屋となり、犯人を探し出そうとする復讐劇。知英といえば、これまでスーパーアイドルKARAメンバーとして活動し、キラキライメージがあるが、宮野監督彼女キャスティングした理由を以下のように明かした。「く人は裏に陰があり、折り合いのつかない苦悩などを秘めていると思うんです。彼女にはぜひそのような役を表現してほしかった」。自分をキャスティングした理由を知りたかったという知英は、監督の言葉を聞くと「ありがとうございます」とややはにかみながら感謝を表した。

舞台挨拶にて。左から駿太郎宮野ケイジ監督、知英、ジョーマラ

 陰のある役だけに愛子は知英にとって挑戦だった。「セリフがとても少なくて、表情が最初から最後まで同じにならないよう監督話し合い演じてきました。単に無表情ではなく、愛子の哀しみを見せられるよう努しました」とその難しさをる。

 一方、愛子に追われる元暴力団員の加賀俊介を演じた駿河も「普段はいい人を演じることが多く、今回のような役は演じることが少ないので演じていて楽しかったです」と手ごたえを感じている様子。

 日本韓国アメリカフィリピンタイデンマークなど各俳優が集結した本作には、元K-1選手のニコラス・ぺタス、歌手シャリースらも出演。中でも俳優プロデューサー作曲など、『殺る女』においてマルチな才を発揮しているミャンマー出身のジョーマランは、「バークレーで音楽の勉強をしましたが、韓国からの留学生が一番熱心に勉強していて、いつか世界韓国に席巻されるのではと感じていました」と韓国人の勤勉さ、エンターテイメントの素らしさを説。韓国出身の知英と共演できたことを喜んでいた。(取材・文:土田

22回プチョンファンタスティック映画祭は7月22日まで開催
映画『殺る女』は、10月27日よりシネ・リーブル池袋ほか全

プチョン国際ファンタスティック映画祭レッドカーペットに登場した知英(写真提供:プチョン国際ファンタスティック映画祭)